Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

【武林風】シッティチャイがイー・ロンへの挑戦者決定トーナメント初戦に勝利!最強女王ゴン・ヤンリも順当に勝利。

2017/07/02 10:43

By Changangela92 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

7月1日に行われた武林風「中国vsスペイン対抗戦」の試合結果レポートです。最注目のシッティチャイはオランダ人選手から勝利して、挑戦者決定戦の準決勝に進出。34戦全勝の最強女王ゴン・ヤンリも勝利しています。

武林風「中国vsスペイン対抗戦」試合結果

7月1日(土)に中国のキックボクシングイベント「武林風」の大会が行われました。

後から気づいたのですが、この大会の趣旨は「中国vsスペインの対抗戦」だったようで、(おそらく)全18試合中7試合がスペインとの対抗戦として行われています。

日程

2017年7月1日 (土)

大会名 武林風 2017 中国 vs スペイン
会場

中国・河南テレビスタジオ

最強女王ゴン・ヤンリは順当に勝利

  • 54kg契約、中国vsスペイン対抗戦
  • 【3R判定】○ ゴン・ヤンリ vs ミリアム・ドジュディディ ✕

34戦全勝という凄まじい戦績を誇るゴン・ヤンリがスペインとの対抗戦に登場。この選手は日中対抗戦にも二度出場していることでも印象的です。

ミリアム・ドジュディディはサウスポースタイルから左ミドルを中心に組み立てる選手ですが、ゴン・ヤンリと並ぶと明らかな体格面での優位があります。

ヤンリは懐の深いドジュディディに対してはかなり戦いづらそうに見えたものの、遠い間合いからサイドキックや回転系の攻撃で様子を見つつ、出会い頭にカウンターを合わせて主導権を握ります。

普段はパワフルな攻撃が持ち味のヤンリですが、相手が前に出てきた時に頭をずらしてカウンターを放つなど、今回は技巧派としての側面が見られる展開となったのが印象的です。

お互いクリーンヒットはなく、明確なダメージの差はなかったものの、カウンターを要所要所でヒットさせて試合の主導権を握ったゴン・ヤンリが下馬評通りの勝利を収めています。

試合の模様はこちら

なおこの大会はテレビ放送を行った中国河南テレビの公式チャンネルがYouTubeに動画を投稿しており、この試合の模様は↓の動画をタップ(クリック)すれば視聴できます。

この記事の中で3箇所同じ動画を掲載していますが、それぞれ対象の試合が始まる時点から再生されるように設定しているので、見たい試合ごとにタップしてみてください。

日本人キラー、シェ・レイは対抗戦でガルシアに敗れる

  • 69kg契約、中国vsスペイン対抗戦
  • 【3R判定】✕ シェ・レイ vs エリック・ガルシア ○

過去に久保優太やUMAから武林風の舞台で勝利したことのあるシェ・レイ。

今回は普段よりも重い69契約ということもあってか、エリック・ガルシアと並ぶとやはり体格面で劣り、序盤は離れた間合いからガルシアのカウンターのパンチがヒットするなど劣勢を強いられます。

試合が進むにつれてシェ・レイはガルシアの懐に入り込み、バックスピンキックやバックブローで相手を脅かす場面もあるなど、終盤はシェ・レイが巻き返して勝負は判定へ。

ドローか地元の利でシェ・レイの勝利かと思われましたが、判定は意外にもガルシアを支持。ガルシアはやや驚いたような表情で勝ち名乗りを受けていました。

シッティチャイは実力の差を見せつけ、イー・ロン挑戦トーナメント準決勝へ

  • 71kg契約、イー・ロン挑戦者決定トーナメント1回戦
  • 【3R判定】○ シッティチャイ vs ハッサン・トイ ✕

そして今大会最注目のシッティチャイ・シッソンピーノンがイー・ロンへの挑戦者を決めるトーナメントに出場。
シッティチャイはGloryライト級王者で、K-1王者のチンギス・アラゾフやマラット・グレゴリアンにも勝利したことのあるムエタイ屈指の強豪です。

1回戦となるこの試合ではオランダのハッサン・トイと対戦。ハッサン・トイは24勝4敗と戦績は良いものの、過去の実績からすれば圧倒的にシッティチャイ有利と見られていました。

試合はシッティチャイが抜群の距離感でハッサンの攻撃をすんでのところでかわし続け、2Rに入るとボディーブローと膝蹴りでボディーを効かせて試合を優勢に進めます。

劣勢のハッサンですが、それほど挽回すべくアグレッシブに攻めることはなく、またシッティチャイも無理にKOを取りに行かないため、それほど激しい攻防がないままシッティチャイ有利のまま試合が終了。試合を終始支配していたシッティチャイが順当に判定勝利を収めています。

またこの試合は今後対戦する可能性のあるイー・ロンが固唾を飲んで見守っているシーンが何度も映像に収められています。

シッティチャイは準決勝でおそらくエンリコ・ケールと対戦

この試合は中国の英雄であるイー・ロンへの挑戦者を決める8人制のトーナメントとして行われています。

シッティチャイとは別の山では、8月にK-1王者のチンギス・アラゾフが"元祖チンギスハン"ことシャバル・アスケロフと対戦。

準決勝に進出したシッティチャイは、おそらく準決勝でドイツのエンリコ・ケールと対戦します。(正式にアナウンスされていないので"おそらく"ですが…)

A post shared by Kim Tammen (@kim_tammen_) on

エンリコ・ケールは「最後のK-1 WORLD MAX王者」として、欧州で名を馳せている強豪選手です。(FEG体制後のK-1 MAXなので知らない方が多いかもしれません)

今回対戦したハッサン・トイよりも遥かに実績・レベルの高い選手なので、シッティチャイといえども一筋縄ではいかないでしょう。

準決勝第1試合 2017年8月 チンギス・アラゾフ vs シャバル・アスケロフ
準決勝第2試合 2017年9月 シッティチャイ vs エンリコ・ケール

準決勝となると誰もが世界的な強豪ばかりなので、一体誰がイー・ロンに挑戦できるのか!?というのは今後の武林風の大きな見所となっています。

最後に

この記事では7月1日に行われた中国とスペインの対抗戦についてレポートしました。

次回大会は7月22日に開催されるのですが、今のところ対戦カードの情報は入ってきていません。有力選手の参戦情報などがあれば、今後も引き続き武林風について紹介してきます。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事