Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

【UFC210】ダニエル・コーミエが貫禄のタイトル防衛!ゲガール・ムサシはワイドマンとのトップランカー対決に勝利。

2017/04/09 21:54

クレジット: Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

4月9日に行われた「UFC 210」の試合結果です。メインで行われたライトヘビー級タイトルマッチは、王者のダニエル・コーミエがリアネイキッドチョークで1本勝利。敗れたアンソニー・ジョンソンは突然の引退宣言で周囲を驚かせました。

試合結果

ウィル・ブルックス ● 1R一本 ○ チャールズ・オリヴェイラ
チアゴ・アウベス ○ 3R判定 ● パトリック・コーテ
シンシア・カルヴァーリョ ○ 3R一本 ○ パール・ゴンザレス
クリス・ワイドマン ○ 2RTKO ● ゲガール・ムサシ
ダニエル・コーミエ ○ 2R一本 ● アンソニー・ジョンソン

ウィル・ブルックス vs チャールズ・オリヴェイラ

A post shared by ufc (@ufc) on

  • オリヴェイラの1R一本勝利

ブルックスまさかの敗戦

元ベラトール王者のブルックスがまさかの敗戦。
ブルックスはマイケル・チャンドラーに2連勝するなど、UFCでも王者候補として期待されていたほどの選手。

しかし、前戦ではアレックス・オリヴェイラにKO負けしており、これまでの幻想が崩れる痛い敗戦となった。

勝ったオリヴェイラは連敗から脱出し、UFCからのリリースを免れる大きな白星に。

チアゴ・アウベス vs パトリック・コーテ

A post shared by ufc (@ufc) on

  • アウベスの判定勝利

コーテが試合後に引退を宣言

UFC初参戦から14年目と13年目となる両者のノスタルジー対決。

アウベスが得意のスタンディングファイトでコーテを完封。
試合を終始コントロールしたアウベスをジャッジは支持した。

試合後マイクを握ったコーテは引退を表明。
UFCでタイトルマッチまでこぎ着けた男の格闘技人生が幕を閉じた。

シンシア・カルヴァーリョ vs パール・ゴンザレス

A post shared by ufc (@ufc) on

  • カルヴァーリョの3R一本勝利

カルバーリョ得意の寝技地獄が炸裂

試合前に豊胸手術歴が発覚し、試合出場が危ぶまれたゴンザレス。
結果的に出場が叶い、UFC初登場となった。

試合はカルヴァーリョが得意の寝技でゴンザレスをコントール。最後は裸締めで一本勝利となった。

カルヴァーリョはこれで連続一本勝利。

クリス・ワイドマン vs ゲガール・ムサシ

A post shared by ufc (@ufc) on

  • ムサシの2RTKO勝利

ワイドマンまさかのTKO負け…問われるUFCルール

ワイドマンがテイクダウンを奪うも、ムサシは立ち上がり打撃を返す一進一退の展開。
トップランカーの両者によるレベルの高い攻防が繰り広げられた。

しかし2R、ムサシがワイドマンの首を捉えて膝蹴りを顔面に繰り出す。
そこでワイドマンは両手をついて逃れようとしたが、そのまま膝が顔面にヒットし、ワイドマンが顔をしかめて試合が中断される。

UFCではスタンド状態で両手両足が地面に着いた「4点ポジション」での顔面への蹴り技は禁止となっているため、ワイドマンは反則を主張した。

ただ、リプレイ検証した結果、ワイドマンの片手が地面から離れており、ムサシの攻撃が有効と判断された。

ドクターはワイドマンの状態を確認するために今日の曜日を質問。ワイドマンが正しく答えられなかったため、意識が朦朧していると判断し、ワイドマンのTKO負けが宣告された。

注目されたランカー対決は後味の悪さだけを残す結果になってしまった。

ワイドマンがルールの穴を突いたディフェンスが仇となり、UFCルールの問題点を問う声もあがった。

SNSでは曜日に対するツッコミが

曜日が答えられなかったというまさかの結末に、SNSではツッコミもでています。

ダニエル・コーミエ vs アンソニー・ジョンソン

A post shared by ufc (@ufc) on

  • コーミエの2R一本勝利

コーミエが貫禄の防衛成功

UFCライトヘビー級タイトルマッチ。2年前に行われた王座決定戦以来の再戦となった。

組みで上回るコーミエがジョンソンを金網に押し込みコントロール。
徐々にジョンソンの体力を奪って、2Rにバックチョークでジョンソンを締め落として一本勝利。

ジョンソンがまさかの引退宣言

試合後マイクを握ったジョンソンは、この試合を持って引退を宣言。

王座挑戦というキャリアの絶頂に達していた中での、突然の引退宣言に解説席も驚きを隠せなかった。

コーミエはジョーンズ戦をアピール

勝利したコーミエは出場停止中の元絶対王者ジョン・ジョーンズに対し、「早く戻ってこい」「戻ってきたら対戦してやる」と対戦をアピール。

以前敗れているジョーンズにリベンジを誓った。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします