Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

ギャビ・ガルシアが7月30日のRIZINに出場か。海外メディアのインタビューでロシアのボクサーと対戦するとコメント。

2017/07/02 18:13

7月7日のシュートボクシングで藪下めぐみとの対戦が決まっているギャビ・ガルシアですが、その23日後のRIZINにも出場予定だと海外メディアのインタビューで答えています。

ギャビ・ガルシアが7月30日のRIZINに出場へ

7月7日(金)のシュートボクシング「Girls S-cup 2017」に出場し、藪下めぐみと対戦することが決まっているギャビ・ガルシア。

日程的にその23日後に行なわれるRIZINへの出場は回避するのではと思われていましたが、どうやら出場する見通しのようです。

日本時間7月2日にMMA Fightingのインタビューに応じており、RIZINではロシアのボクサーと対戦する予定とコメントしています。

ギャビのコメント

柔術の頃から私は1ヶ月に2度も試合をしたことはありませんでした。

この試合はオファーされたばかりで、先週の土曜日に了承しました。私はまだ7日に誰と対戦するかは分かっていませんが、これはムエタイの試合だから私にとってチャレンジになります。

私は既に柔道、柔術、MMAで戦っていて、これからムエタイの試合を行うことになります。私は挑戦するために生まれてきたのです。

RIZINは当初ジャジー・ガーベルトとの試合をオファーしたものの、ガーベルトは3分3ラウンドの無差別級の試合が別の選手と組まれようとしていることから、ジャジーとの対戦にはならないとのことです。

ジャジーは私に対戦を呼びかけてきたし、一線を越えるものだったから、私は彼女と戦いたかったです。

しかし彼女がRIZINに出られなくなったと聞いて、私は関心を失ってしまいました。それでもRIZINは私にシュートボクシングでジャジーとの対戦を提案してくれました。コーチと話し合っている時に、RIZINは彼女が出られなくなったと言ってきて、彼らは私に対戦相手の名前をまだ教えてくれていません。

ジャジーとの対戦が叶わず、試合に前向きではなくなってしまったものの、RIZINの榊原代表がギャビのマインドを変えたとのこと。

私のボスからの呼びかけでこの試合を引き受けることにしました。

マネージャーは断り続けていたけど、もし榊原が私に電話してきたら「イエス」と答えることにしていました。昼食の時間に、彼が私に電話をかけて試合について尋ねてきたので、試合を受けることにしました。彼が私のキャリアのためにやってくれる全てのことに信頼しています。

またRIZINではロシアのボクサーと対戦する予定とのことです。

対戦相手がサウスポーで、これまでの試合とは違ったものになるでしょう。

シュートボクシングで試合をすることは、スタンディングでの良い準備になると思っています。ストライキングを披露して、RIZINへ準備したいと思います。

私はたくさんの膝蹴りを試合で出してきましたが、まだキックを放ったことはないので、より多くのキックを出すつもりです。キックとコンビネーションのトレーニングをたくさんこなして、この試合が私にとって良いテストになると考えています。

こちらのインタビューではシュートボクシングでの対戦相手はまだ分かっていないとコメントしているものの、6月30日時点で対戦相手は藪下めぐみに決まったと発表されています。ただし実際にインタビューが行われた日付は記事には書かれていません。

シュートボクシングから23日後のRIZINではサウスポーのロシアのボクサーと対戦するとのことですが、現時点で名前は伏せられています。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事