Queel
×
サイト内を検索する
  • ボクシング
  • ニュース

久保隼がWBA世界Sバンタム級王者に!セルメニョは採点でリードしながらも前代未聞の棄権。

2017/04/10 09:50

4月9日(日)に行われたボクシング WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチで、久保隼が王者のセルメニョを破って12戦全勝で新王者に輝いています。一方、セルメニョは採点でリードしながらも「体力の限界」で棄権するというあっけない幕切れとなりました。

久保隼がWBA新王者に輝く!

4月9日(日)、エディオンアリーナ大阪で行われた「WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」の一戦。

久保隼は王者セルメニョに挑み、11回5秒TKO勝利によって新王者に輝いています。

試合レポート

久保は「長谷川穂積の後継者」と目されている選手で、長谷川と同じ真正ボクシングジム所属、構えも同じサウスポーで、スーパーバンタム級も長谷川が世界を制した階級。

対するセルメニョは37歳のベテラン選手ながら、昨年始めて正規王者に輝くなど、今まさにピークに達しており、キャリアで見ればセルメニョが有利と見られていた。

試合が始まると、久保はサウスポーらしく右のジャブで距離を取りながら、左のストレートを上下に放って試合を組み立てる。一方セルメニョはどっしりと構えて右の強打を放って脅威を与えるなど、試合は一進一退の攻防に。

試合が大きく動いたのは7R。久保はセルメニョの右フックをもらうとアゴが大きく上がり、そのまま追撃を許してプロ初のダウンを喫してします。

それでも久保は残り時間を凌ぐと、8R以降は足を使って何とか試合を立て直す。

再び一進一退の攻防が続いた中、10Rのインターバルが終了してもセルメニョが立ち上がらず、突然グローブを外し始める。

レフェリーはこれを棄権と見て試合をストップ。世界初挑戦の久保が見事、ベルト奪取に成功した。

採点はセルメニョがリード

10回終了時点で試合を放棄してしまったセルメニョですが、実は10Rまでの採点はセルメニョがリード。

ジャッジ2人が95-94でセルメニョを支持、残る一人が95-94で久保を支持しており、残る2Rのうち1Rだけでもセルメニョが取って、(ダウンを喫せず)判定に持ち込めばセルメニョが勝利するはずでした。

さらに棄権直前の10Rもセルメニョが圧力を緩めずに強打を放ったことが評価され、ジャッジ全員が10-9でセルメニョを支持していただけに、不可解な棄権と見る声もあがっています。

15キロに及ぶ減量が響いたか

この棄権についてセルメニョ自身は「体力の限界」と説明。

体力の限界。拳にもパワーが残っていなかった。私の決断でもあり、陣営の決断でもある

また、この試合に向けて15キロもの減量を行ったことが原因になったとのこと。

今回、15キロに及ぶ減量が響いたという。来日時に7キロほどオーバーしていたそうで、「日本の気候も合わなかったのかもしれない」と力なく話した。

さらに今後は階級を上げることも示唆しています。

引退するつもりはないが、この階級で戦うことはもう考えていない。でも久保がチャンスをくれるというのなら、もう一度やるかもしれない

引用元: 久保隼が新王者 採点リードなのに…セルメニョ棄権理由は「体力の限界」

久保は挫折を乗り越えての王座戴冠

新王者に輝いた久保はこれでプロ戦績は12戦12勝。
全勝での世界王座戴冠となっていますが、これまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。

退部で実家から勘当されたことも

久保の父親もまたアマチュアボクサーで、国体京都代表に選ばれたこともあり、父親の影響でボクシングを始めています。

アマチュアではインターハイ準優勝の実績をあげて東洋大学に進学。大学3年次に母校の監督候補にあげられるも、指導者としての限界を感じてボクシング部を退部してしまいます。

その退部に父親の怒りを買い、久保は実家から追い出され、公園で寝泊まりするホームレス体験を強いられたことも。

その後、祖母の家に居候させてもらっている間に真正ボクシングジムの山下会長と出会い、再びプロとしてボクシング人生を歩むキッカケとなっています。

プロキャリアだけを見れば順風満帆に見えるものの、その裏には大きな挫折を乗り越えた苦労人としての一面があります。

同階級王者の小国以載戦も見据える

久保の次戦は、ランキング1位選手との対戦が義務付けられた指名戦になると見られており、初防衛戦から険しい試合が待っていますが、一方で近い将来の対戦相手として小国以載との試合を熱望しています。

小国は昨年大晦日にグスマンを破って、久保と同じスーパーバンタム級の世界王者に輝いている選手。

久保の対戦希望が叶えば、日本人同士の統一戦というビッグマッチにもつながります。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事