Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

ゲガール・ムサシがベラトールと6試合契約を交わす!UFCとの契約終了を受けて

2017/07/11 09:05

PRIDEやDREAMでの活躍で日本にも馴染みの深いゲガール・ムサシが、この度UFCからフリーエージェントとなったことを受けて、契約延長はせずベラトールと新たに契約を交わしたことが分かりました。現在ムサシはUFCミドル級5位につけていますが、新たにベラトールのミドル級王座を狙うとコメントしています。

ゲガール・ムサシがベラトールとの契約を発表

日本時間7月11日にUFCからフリーエージェントとなっていたゲガール・ムサシがベラトールとの契約を発表しました。

以下のツイートでムサシが実際に契約書にサインをしているシーンが写されています。

またUFCからベラトールに移籍することについて、MMA Fightingのインタビューで次のようにコメントしています。

私はチャンピオンになるためにベラトールに行きます。もしそれが達成されたなら205ポンド(ライトヘビー級)のベルトを狙うつもりですが、まずはミドル級のベルトを獲得したいと思います。

UFCからベラトール移籍したのはお金が要因ではありません。

私はスコット・コーカーと仕事をしたいからです。スコットは約束したことは実現してくれる誠実な男です。彼はファイターにリスペクトをもって接してくれます。

また階級を容易に変更できないUFCと違って、ベラトールは階級を超えた戦いにも寛容なことから、ローリー・マクドナルドやライアン・ベイダーとの試合にも意欲を示しています。

そしてリーボックとの契約についても否定的で「リーボックはUFCにとってマイナスのもので、新しいオーナーがそれに気づいているのかは分からない」とコメントしています。

これは選手としての対応や機会が得られるかで選んだことです。

一方でUFCも私に良くしてくれたので、彼らについて悪く言うつもりはありません。

ゲガール・ムサシについて

A post shared by Gegard Mousasi (@mousasi) on

ゲガール・ムサシといえば日本とも馴染みの深い選手で、PRIDE、DREAMを主戦場とした時期もあり、DREAMではミドル級、ライトヘビー級の2階級を制覇。また2009年にはストライクフォースでライトヘビー級の王座も獲得しています。

2013年からはUFCに参戦して12戦を行い、9勝3敗と好成績をあげて直近では元ミドル級王者のクリス・ワイドマンからTKO勝利。(ワイドマンはアピールが裏目に出た形での敗戦となりましたが…)

現在はUFCミドル級のランキング5位につけています。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします