2017年07月14日作成

朱里がUFCと契約して日本大会に出場と海外メディアで報道される。対戦相手は韓国の新星、ジョン・チャンミとのこと。

9月23日にさいたまスーパーアリーナで開催されるUFCファイトナイトジャパンにおいて、パンクラス女子ストロー級王者の朱里が出場すると海外メディアが報道しています。これで朱里はMMAデビューから1年5ヶ月というスピード契約になります。

Eye catch 1509446044

朱里がUFC日本大会に出場へ

パンクラス女子ストロー級王者として高い人気を誇る朱里がUFCと契約し、日本大会に出場することになると海外メディアが報道しています。

MMA TodayはUFCが朱里と契約したことを確認しました。日本のプロレスとMMAにおけるスター選手である彼女が9月23日のUFCファイトナイト117に出場します。

28才の彼女は2016年にMMAデビューしてからパンクラスに参戦しており、MMAでは無敗です。5月に行われたパンクラス287でキンバリー・ノヴァスから5R判定勝利を収めて女子ストロー級王者となっています。5戦のうちTKOは1つで、4つは判定決着です。

それに加えて彼女は13勝1敗の戦績をキックボクシングとシュートボクシングで残しており、Krush女子タイトルも獲得しています。

またプロレスにおいても非常に有名で、複数の大規模な団体で多くのタイトルを獲得してきました。

対戦相手はジョン・チャンミ

A post shared by Chan-Mi Jeon (@1ove.chan) on

また対戦相手についても言及されており、韓国のジョン・チャンミと対戦するとのこと。

ジョン・チャンミは今年の6月10日に19歳にしてUFCデビューした新星で、この時には敗れておりUFC戦績は0勝1敗。

UFCデビューの前には、先日のギャビ・ガルシアとの体重差マッチで話題となった藪下めぐみと対戦しており、1RTKO勝利を収めています。

朱里について

A post shared by syuri (@syuri_official) on

朱里はもともとプロレスとキックボクシングを並行して行っており、愛らしいルックスもあって高い人気を誇る女子選手です。

2012年からKrushにも参戦しており、2014年にKrush女子王座を獲得。キックボクシング戦績は14戦13勝1敗と活躍してきました。

2016年からMMAに転向してパンクラスと契約を交わし、デビュー戦で浅倉カンナから勝利を収めると、今年5月28日にはパンクラスで新設された女子ストロー級の初代王座を獲得。

昨年4月にMMAデビューしてから、わずか1年5ヶ月でUFCデビュー戦を迎えることになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

コメント 0件