Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

RIZIN戦士・バルトが俳優デビュー!せっかくなので俳優活動した格闘家をまとめました。

2017/04/11 11:08

大相撲の元大関にして、2015年からはRIZINで総合格闘家に転向したバルトが、俳優デビューすることが分かりました。せっかくなのでこの記事では格闘家で俳優活動した選手をまとめています。

RIZIN戦士・バルトが俳優デビュー

大相撲の元大関にして、2015年末のRIZINより格闘家としてもデビューを果たした把瑠都が俳優にも転身!

5月8日放送のTBS系ドラマ「税務調査官 窓際太郎の事件簿32」にて把瑠都が俳優デビューすることが分かりました。
このドラマでは主人公の税務署員が訪れる魚屋の店員を演じるとのこと。

今後は「自分からこれをやりたいと考えたことはないけれど、『やりなさい』と言われたらどんな役でもやりますよ」と、俳優業を精力的にこなす意気込みを見せています。

RIZINでの試合

RIZINではこれまで全4大会のうち3大会に出場。

ピーター・アーツ、藤田和之、高阪剛とレジェンド選手から3連勝をあげるも、ミルコ・クロコップには膝蹴りでKO負けを喫してしまいました。

俳優業によって格闘家を休止するのかどうかは分かりません。

格闘家から俳優業をこなした選手といえば…

前口太尊

J-NETWORKライト級王者にして、KNOCK OUTライト級トーナメントへのエントリーも決まった前口太尊。

実は人気漫画が原作の映画「新宿スワン2」にてヤクザのチョイ役として出演!

新宿スワン2は今年1月に公開されたばかりで、現在もまだ上映中です。

魔裟斗

ドラマ「はるちゃん」での漁師役など、高い知名度と端正なルックスを活かして多くのドラマ、映画に出演経験があります。

引退後は出演本数も多かったのですが、役柄的には脇役の域は出ていません。

武蔵

 魔裟斗と並んでK-1全盛の人気を担った武蔵。

「二刀流の武蔵」だけあってドラマや映画にも出演しており、とりわけ「サザエさんのアナゴさん役」は適任だとして大きな話題となりました。

武田幸三

武田幸三は引退後によしもとクリエイティブ・エージェンシーの俳優部門に所属。

昨年には大河ドラマ「真田丸」、映画「仮面ライダー」に出演するなど、直近では最も活躍している格闘家かもしれません。

ちなみに2007年には前口太尊と同じ「新宿スワン」のドラマにも出演しています。

前田憲作

元K-1プロデューサーの前田憲作は、1990年代半ばから俳優活動を開始。

ヤンキー学園モノの代表格「ろくでなしブルース」の実写映画で2作に渡って主人公の前田太尊役を演じました。(主人公役というのが凄い!)

船木誠勝

UWF、パンクラスで活躍した船木誠勝は、端正な顔立ちとハスキーなボイスを活かして2000年代前半に俳優として活躍しました。

ドラマ「Dr.コトー診療所」「サラリーマン金太郎3」、映画「ゴジラ FINAL WARS」などに出演。  

須藤元気

パフォーマンスユニット「WORLD ORDER」のイメージが強いですが、ドラマ・映画にも出演。

大ヒットした映画「るろうに剣心」の第1作では、ベジタリアン役を演じました。

秋山成勲

現在もUFCに参戦中の秋山成勲。

昨年上映されたオムニバス映画「スリリングな日常」内の短編「あさのはなし」にて、父親役として主演を務めています。

澤屋敷純一

役所広司の初監督作品「ガマの油」にて、役所広司、瑛太、二階堂ふみと並んで堂々の主演!
映画はあまりヒットしませんでしたが、このキャストの中で主演を務めたのが凄い。

バンナを倒した映像を見たことが出演依頼のキッカケだったとか。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事