Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

ムゲンドーキックボクシングのガロア・ボファンドが谷川貞治に見つかった!巌流島参戦の可能性がガチで浮上してしまう。

2017/07/18 11:31

UFCファイトナイト113でUFCデビューを果たしたガロア・ボファンド。ムゲンドーキックボクシングという謎の流派の使い手でありながら、ブン投げて失神KOさせたことは大きな話題となりました。そんなボファンドですが、「巌流島に参戦しそう」と紹介していたら、本当に巌流島プロデューサーの谷川貞治氏に興味を持たれていましました。

ガロア・ボファンドの人気が(局所的に)急上昇中!

日本時間7月17日に開催されたUFCファイトナイト113にてUFCデビューを果たしたガロア・ボファンド。

この選手はクイールでも何度か紹介してきたように、「ムゲンドーキックボクシング」という謎の流派の使い手としても知られています。

そもそもムゲンドーキックボクシングとは何かというと、ボファンド本人によると日本がルーツのスタイルで、K-1や昨今のキックボクシングとは異なり、伝統的な武道に根ざしたものであること。

そしてカンフーなどキックボクシング以外の要素も取り込んでおり、特定の武道とは一線を画した独自のスタイルになっており、そのスタイルを見た時にはまるで映画の世界かのように感じるものの、MMAにおいても効果的なものであるそうです。

これまでイギリスのローカルMMAに6戦のみ出場しただけで、世界的にも全く無名な選手であったボファンドですが、UFCデビューにおいてムゲンドーキックボクシングの秘技である「BUNNAGE」によって相手を失神させてしまいました。

A post shared by ufc (@ufc) on

(※昨日投稿した記事で、この秘技の部分を真面目に受け取ってしまった方がおられるみたいですが、こちらはネタですのでご了承下さい)

日本のSNSでも大人気

この記事を紹介したクイールのツイートは、イギリスのローカルファイターの紹介にも関わらず1日で32RTと、それほど多くはないものの、ボファンドという知名度の割にはそこそこ拡散されました。

そして、これを見たファンもボファンドの魅力に取りつかれたようです。

巌流島の待望論も!

ボファンドはムゲンドーキックボクシングという謎の流派の使い手であること、コスプレ趣味があったり、キックボクシングと言いながらブン投げてKOしたり、ただならぬ風貌をしていることで、「UFCというよりは巌流島に登場してきそう」と紹介していたのですが、実際にファンの方も巌流島への待望論があったようです。

巌流島の本家大元、谷川貞治氏に見つかる!

そんな感じでボファンドについて話題が広まっていたところ、元K-1プロデューサーであり、現在は巌流島のプロデューサーである谷川貞治氏がこんなツイートをしています。

巌流島プロデューサー本人から「まさに巌流島向き!」という言葉が飛び出しており、本当に巌流島が狙う選手の一人になってしまったのかもしれません。

(しかし今なお欧州ではFEG体制のK-1が神格化されている中、「UFCは私にとって別世界であまり関心はないけど」という発言をアッサリしてしまうあたりが凄い!)

実はMMAでは「実質」無敗!

しかし驚くことなかれ、ガロア・ボファンドはMMAでは実質無敗の選手です。

実際の戦績は7戦5勝(4KO)2敗なのですが、敗れた2敗はどちらも反則の膝蹴り(少なくとも1度はグラウンド状態での顔面への膝蹴り)なので、実質的には無敗と言っても良いでしょう。

UFCではスコットランド大会において、地元枠としてイングランドのボファンドが契約に至ったのかと思いますが、デビュー戦で世界を驚かせるKO勝利を収めており、ぜひUFCでも無敗街道を歩んでほしいところです。

独占契約のUFCでは巌流島に同時並行で出場することはできないので、もし巌流島に出場することがあればリリース後ということになりますが、このままボファンドがUFCの常連選手になれば巌流島で見られるのは当分先になってしまいます。

ボファンドのファンとしてはUFCで活躍してほしいものの、活躍すればするほど来日の機会が遠ざかってしまうという皮肉な状況でもあるのです。(何かの間違いで日本大会の出場が決まるかもしれませんが…)

次号、ムゲンドーキックボクシングの真相に迫る!

イギリスのローカル選手でありながら、SNSを中心に(局所的に)異例の人気を獲得しているガロア・ボファンド。

この選手のバックボーンでもあるムゲンドーキックボクシングにも興味を持っている方が多数見受けられますが、次回はこのムゲンドーキックボクシングの真相に迫る予定です。

ムゲンドーキックボクシングは実際にこのような大会も開催されており、未来のガロア・ボファンドが着々と育っています↓

ルーツとなった日本のスタイルとは何なのか、ムゲンドーキックボクシングと投げ技に関係はあるのかなど、謎多きこの流派の真相をお伝えできればと思います。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事