Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

石井慧を倒した"ロシアのウルトラハルク"イヴァン・シュトルコフがUFCからのオファーを受ける!筋骨隆々の肉体でこれまで11戦全勝。

2017/07/19 17:29

7月9日の日露対抗戦で石井慧から衝撃の2RKOを収めたイヴァン・シュトルコフがUFCからのオファーを受けていたことがわかりました。この選手はウルトラハルクの異名がピッタリの筋骨隆々の肉体をしており、これまで3人のUFCファイターを撃破しているロシアのスター候補です。

イヴァン・シュトルコフがUFCからのオファーを受ける

A post shared by Ivan Shtyrkov (@ivanshtyrkov) on

見て下さい、この筋骨隆々の肉体を!

現在の洗練され、クリーンになった世界のMMAシーンの中では懐かしさすら覚えるこの肉体の持つ主はイヴァン・シュトルコフというロシアの選手です。

この選手が7月18日にUFCからオファーを受けていたことが現地で報じられています。

シュトルコフは現在MMAで11戦11勝とパーフェクトレコードを誇っており、5KO、4一本とフィニッシュ率も高く、ロシアの次世代スターと呼ばれる選手です。もっとも既に29歳とそこそこ年齢は行っていますが…。

265ポンド(約120kg)のヘビー級戦線で戦っていますが、身長183センチ、体重102キロとやや小柄ながら、「ウルトラハルク」というニックネームを体現するような溢れんばかりのマッスルパワーで強豪選手から次々と勝利を収めてきました。

7月9日には日露対抗戦で石井慧を撃破!

シュトルコフが日本の一部の格闘技ファンに知られるようになったのは、現在から10日前にロシアで行われたボクシング・ムエタイ・MMAによる日露対抗戦で、石井慧から打撃でKO勝利を収めたことがキッカケです。

また、この試合では石井慧がPRIDEのテーマで入場してきたこともまた話題になりました。

試合は石井が向上した打撃技術でシュトルコフと五分に渡り合いますが、2Rになるとウルトラハルクパワーで石井からテイクダウンを取り、その後は打撃の交換でシュトルコフの右フックがアゴに命中。すると石井は力なく倒れ、そのまま追撃のパウンドで2RKO勝利を収めています。

柔道金メダリストのパワーと、MMA転向から徐々に身につけた打撃技術を、ウルトラハルクで文字通り一撃で粉砕したシュトルコフのパワーは大きな衝撃をもたらしました。

アントニオ・シウバ、ジェフ・モンソンらUFCファイターを次々と撃破

これまでシュトルコフは3人の元UFCファイターを破っています。

一人目はMMAレジェンドであるジェフ・モンソン、二人目はヒョードルを倒したアントニオ・シウバ、そして三人目はUFCでブライアン・スタンやフィル・デイビスと対戦したロドニー・ウォレスです。

ジェフ・モンソンからわずか31秒で勝利

PRIDE、戦極、DREAM、ストライクフォース、UFCといった舞台を渡り歩いてきた歴戦の猛者であるジェフ・モンソンと昨年5月に対戦し、わずか31秒でアームロックで一本勝利を収めています。

見るからに打撃を得意としてそうですが、これまで11戦のうち4つの一本勝利と、サブミッションもこなせるウルトラハルクです。

ちなみに後から情報提供いただいたところによると、実はモンソンが怪我で欠場を申し入れたところ団体から「エキシビションにするからとりあえず来てくれ」と言われ、いざリングに上がったらガチンコ仕掛けられたというエピソードがあるそうです。(→ソースはこちら)

ジェフ・モンソンはこの時45歳で、MMAは85戦目。この後10月にも試合をしてチョークで一本勝利を飾っていたりもします。

アントニオ・シウバとの死闘を制す

ヒョードルを倒したことでも知られるアントニオ・シウバとの試合では、二回りほど小さいシュトルコフがウルトラハルクでシウバを下がらせて、2Rにはパンチでロープ外に吹き飛ばすダウンを奪っています。

そのままバックからパウンドを当てまくりストップ寸前まで追い込みますが、ウルトラハルクの代償としてスタミナはあまりなく、3Rになると完全にガス欠に陥ります。

すると息を吹き返したシウバがパンチでダウンを奪うも、この時に幸いにもシュトルコフのマウスピースが飛んだことで試合が中断され、その後は劣勢だったものの何とか凌いで判定勝利となっています。

もしマウスピースが飛んでなかったら…もしかしたらシウバのパウンドでやられていたかもしれませんが、この男には筋肉だけでなく運も味方しています。

次の試合も元UFCファイターのロドニー・ウォレスで、この試合はウルトラハルクのパワーでテイクダウンを再三奪って、トップをキープすることで順当に判定勝利を収めています。

そしてその次の次の試合が石井慧という時系列になっており、UFCファイターを3人撃破した後に、金メダリストを倒すという理想的なキャリアを歩んでいると言っても良いでしょう。

最後に

まだUFCとの契約に至っているわけではなく、昨日オファーが確認されたばかりとのことですが、早速SNSでは日本からもウルトラハルクに期待する声がチラホラ見られます。

機敏さとスタミナこそありませんが、打撃とテイクダウン能力は高く、そして何より肉体だけでも話題性がある選手なので、年齢的にもUFCにぜひ挑戦してほしいところです。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事