Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

"SBの新エース"海人が、KNOCK OUTでのKO負けから再起を懸ける宮越慶二郎とヒジありルールで対戦!

2017/07/29 01:18

9月16日(金)に後楽園ホールで開催されるシュートボクシングにて、"SBの新エース"海人と、「ニンジャステップ」という独自のスタイルを持つ宮越慶二郎の対戦が発表。他にも注目選手の参戦も決定しています。

シュートボクシングで海人vs宮越の実力者対決が実現!

9月16日(金)に後楽園ホールで開催される「SHOOT BOXING 2017 act.4」にて、海人 vs 宮越慶二郎の対戦が発表されました。

この試合は63.5㎏契約で、通常のシュートボクシングルールに加え、ヒジ打ちの使用が認められた特別ルールで行われます。

"新エース"海人が強豪との試練の連戦に出場!

A post shared by 海人 (@kaitoyade0821) on

海人はこれまで18勝3敗の好成績を記録している、若干19歳のスーパーホープ。

今年の4月大会では、シュートボクシングの外国人エースとして君臨するザカリア・ゾウガリーの対戦相手として抜擢され、手足の長さを活かしたノビのある攻撃で大善戦。敗れはしたものの、五分で渡り合う試合展開となりました。

そして6月大会ではシュートボクシングの日本人エースとして君臨してきた鈴木博昭と、ヒジ有りルールで対戦。

鈴木は日本人相手には16連勝と無類の強さを誇っていましたが、なんとこの試合で海人は飛び込んでのヒジ打ちで鈴木の額を切り裂いてTKO勝利をあげています。

シュートボクシングを代表する両選手からインパクトを残し試合をこなしており、鈴木との試合後には「シュートボクシングの真エースだ」と高らかに宣言しています。

A post shared by 海人 (@kaitoyade0821) on

昨年S-CUPが開催された時には「最近は男子選手に勢いのある選手がいない」「RENAばかりが目立っている」と、男子選手に厳しいコメントを残していたシュートボクシングのシーザー武会長も、海人に対しては「次世代を引っ張る選手になる」と評価しています。

このように海人はシュートボクシングで今最も勢いのある注目株と言えるでしょう。

対するは屈辱のKO負けから再起を目指す宮越慶二郎

海人と対戦する宮越慶二郎はNJKFを代表する選手で、昨年にはMVPを獲得しています。

ニンジャ・ステップという独特のステップを持つ」という紹介をされており、初めて聞いた人は少し戸惑うかもしれませんが、試合でも実際に前後左右に止まらずに動き続けるフットワークを得意としています。

そのフットワークで相手の攻撃を見切り、カウンターで繰り出すパンチを武器に、昨年には世界の強敵から3連勝したことでMVPを獲得しました。

しかし今年の初戦として、優勝候補として出場したKNOCK OUTのライト級トーナメントで、森井洋介にまさかのKO負けを喫して初戦敗退となっています。

(試合後に放送されたバックステージの映像では、愕然とした表情で「人生終わったな…」と呟いていたのもの少し話題になりました)

その後、宮越はすぐに復帰して1ヶ月後には中国のクンルンファイトに出場。通常体重より重い階級でアウェーという厳しい環境ながら復活の勝利をあげています。

そして今回の試合が再起2戦目にあたり、新たな挑戦として投げ技が認められるシュートボクシングのリングに上がります。シュートボクシング初戦にして新エースの海人を退けて、完全復活をアピールをしたいところです。

他にも注目選手も揃って登場!

勢いに乗る"シュートボクシングの新エース"海人と、完全復活を誓う宮越慶二郎による注目カードの他、多くの注目選手の出場が決まっています。

RENAの妹分のMIOの参戦が決定

MIOは現在のジョシカクをリードするRENAの妹分として人気急上昇中の選手です。

シュートボクシングといえばまだまだRENAのイメージが強いものの、試合内容・実力ともに今やシュートボクシングを代表する選手の一人として知られるようになってきました。

今回は男子を中心に行われるイベントの中、数少ない女子の試合として存在感を示すのかにも注目です。

"怪物君"鈴木博昭が再起戦へ

これまでシュートボクシングの絶対王者として連戦連勝を重ねてきた鈴木博昭ですが、前回は海人からまさかの敗戦を喫してしまいました。

KNOCK OUTへの参戦希望も公言しており、体重を落として肘打ちルールも行ってきましたが、今回は仕切り直しの一戦としてどのような試合を見せてくれるのでしょうか。

超新星、笠原兄弟が登場

さらにセミプロマッチで連勝を続けてきた笠原弘希、笠原友希の兄弟も参戦が決定。

笠原兄弟は55㎏~57.5㎏級ですぐにでもトップ戦線に入れると言われており、次世代エース候補とも称されている選手です。

今回紹介した「SHOOT BOXING 2017 act.4」は9月の興行なので、第一弾のカード発表からはまだ2ヶ月ほどありますが、注目カード&有力選手の参戦が決まっているのでぜひ注目してみて下さい。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事