Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

キック&MMAの二刀流最先端!イスラエル・アデサニャが元UFCのメルビン・ギラードからTKO勝利で、MMA10連勝に。

2017/07/29 16:43

オーストラリアで開催された「オーストラリアン FC 20」にて、キック&MMAの二刀流選手であるイスラエル・アデサニャがMMAルールで元UFCファイターのメルビン・ギラードからTKO勝利。これでMMAデビューから無敗の10連勝を達成しています。

キック&MMAの二刀流で大躍進中のイスラエル・アデサニャ

欧州最大のキックボクシングイベントであるGLORYで現在ミドル級4位となっているイスエラエル・アデサニャ。

アデサニャはオーストラリアの選手で、キックボクシングをメインにこなしつつ、MMAも同時並行に行う二刀流の選手ですが、これまでMMAでは9戦全勝という成績を収めています。

そして今回10戦目の相手として、かつてUFCでも活躍したメルヴィン・ギラードと対戦。ギラードと言えば、獰猛なファイトスタイルで勝っても負けても短期決着が続いたことで印象に残っている方も多いと思います。

アデサニャにとっては真価が問われる一戦となったのですが、詳しいプロフィールをご存じない方も多いと思いますので、まずはアデサニャについて紹介しましょう。

イスラエル・アデサニャとは

日本での知名度は高くありませんが、アデサニャは84㎏級で世界を代表するキックボクサーです。

昨年からGLORYに定期参戦をしており、ミドル級の挑戦者決定トーナメントで優勝。今年1月には敗れはしたものの、GLORYミドル級のタイトルマッチを行っています。

ちなみにGLORYに参戦する前には、中国最大規模の武林風を主戦場としていおり、ここでは「ブラックドラゴン」というニックネームで、中国でもウェイ・ルイやチュー・ジェンリャン(※いずれもK-1やKrushで活躍)に並ぶ人気を誇っていました。

NARUTOのファン

ちなみにこの選手は大人気の漫画・アニメ「NARUTO」のファンでもあります。

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender) on

日本でも大人気を誇ったNARUTOですが、ワールドワイドな人気を誇っていてフランスでは全書籍の中から売上げランキング1位になったり、ゲームの「ナルティメットストーム」は世界でバカ売れしていて毎作品数百万本を売り上げるヒットタイトルとなっています。

こちらの画像を見ても分かるように、アデサニャはNARUTOの中でもナルトやサスケのいる木ノ葉が好きなようで、木ノ葉の額当てをしています。

そしてそれを証明するように、木ノ葉の中でも随一の努力家であるロックー・リーがお気に入りのようです。

ロック・リーといえば忍術の才能がなく、忍術を使わずに体術だけで戦うことで印象深いキャラクターですが、格闘家だけあってロック・リーにシンパシーを感じているのかもしれません。

MMAでは9戦して全てKO勝利

アデサニャは2015年からコンスタントにMMAの試合をこなすようになり、これまで9戦全勝でしかも全てがKO勝利という凄まじい戦績を残しています。

キックボクシングと同時並行ながらこれだけの成績を残しているということで、もっと知られるべき選手なのかもしれません。

今回は元UFCファイターのギラードと対戦

アデサニャの10戦目となるMMAマッチの相手は、元UFCファイターのメルビン・ギラード。

ギラードといえば鋭い打撃で派手なKO勝利と引き換えに、グラウンドの展開になるや為す術もなくやられてしまう、という分かりやすいキャラクターで日本のMMAファンにもよく知られています。

しかしUFCリリース後はWSOFやベラトールに出場していますが、初戦でJZカルバンに勝利した後は全く勝ち星に恵まれていません。

アデサニャにとってはギラードがMMAで初めてのビッグネームとなっていますが、調子を落としているギラードは真価を測るには相応しい相手と言えるでしょう。

試合はアデサニャが一方的な内容でKO!

いよいよ試合ですが、パーフェクトレコードのアデサニャが元UFCファイターと戦うということもあってメインイベントとして行われています。

打撃を得意とする選手同士の対戦ということで、激しい打撃戦が予想されましたが、アデサニャはジョン・ジョーンズとアンデウソン・シウバをミックスさせたような、腕をおろしてパンチのフェイントをかけるる、変則の蹴りを放つスタイルで序盤から圧倒します。

打撃では分が悪いと見てテイクダウンを狙うギラードでしたが、アデサニャに逆に投げられてしまい、パウンドの連打を貰い続ける苦しい展開に。

最後は何とか立ち上がるも、そこからアデサニャのヒザ蹴りからのパウンドの攻撃が入り、1R4分48秒でアデサニャがTKO勝利を収めています。ちなみにフィニッシュシーンはこちらで確認できます↓

アデサニャはこれで10戦10KOに!

元UFCファイターのギラードから圧巻の勝利をあげたアデサニャはこれで10戦10勝(10KO)に!

そしてデビュー戦以外はいずれも10戦以上をこなして勝ち越ししている相手から勝利しています。

アンデウソン・シウバを髣髴とさせるような華麗なファイトスタイルに、キックボクシングでもトップクラスの実績を上げているので、次世代のスター候補と言っても過言ではありません。

ジャパニーズカルチャーとも親和性の高い人物なので、ぜひ頭の片隅にでも入れておいて下さい。

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender) on

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
おとももち
2017/11/26 18:12

ミドル級とライト級の対戦?!
契約体重が気になります・・・。

Missing avatar
2017/11/26 18:12

階級が違いすぎるだろ

関連する記事