Queel
×
サイト内を検索する
  • ボクシング
  • ニュース

ゴロフキンの次戦はサンダース戦に?トレーナーがゴロフキンの今後や、メイウェザーvsマクレガーについて語る

2017/04/12 13:15

今年3月にジェイコブスとの王座統一戦に勝利したゴロフキン。トレーナーがゴロフキン今後の対戦予定や、「メイウェザーvsマクレガー」の一戦についてインタビューに答えています。

ゴロフキンのトレーナーが対戦相手候補を語る

4月4日とこの記事を投稿する1週間ほど前のトピックになりますが、ゴロフキンのトレーナーであるアベル・サンチェスがゴロフキンの今度の対戦について言及しているので紹介します。

情報元としては「On The Ropes」というボクシングサイトのインタビューになります。

ゴロフキンとは?

ゲンナジー・ゴロフキンはボクシングミドル級の世界王者で、ミドル級で3団体の世界王座を保持。
37戦37勝(33KO)とパーフェクトレコードを誇り、WBAは17連続防衛中。

パウンド・フォー・パウンドランキングでも常に上位に名を連ねる世界的ボクサーです。

それではインタビュー内容を紹介していきましょう。(※ちなみにインタビューに答えているのは本人ではなくトレーナーです。)

「サンダースと対戦して4つのベルトを獲得したい」

まずインタビュアーから「6月にジョー・サンダースとの対戦が報じられているが、それについてどう思っているか」との質問。

(※ゴロフキンはWBA、WBC、IBF3団体の世界王者、サンダースは残るWBOの世界王者)

サンダースとの試合はぜひ実現して欲しい。なぜならゴロフキンは4つのベルトを獲得するのが目標でもあるからね。

もし4つのベルトを獲得できれば、様々な別の道が見えてくるだろう。だから私たちにとっても非常に重要な試合だ。

6月に実現するのではと言われているサンダース戦に前向きなコメントを残しています。

アルバレス戦については

次に「アルバレスはチャベスとの試合で怪我をする可能性があるから6月には試合ができない」とデラホーヤが話していることについては、次のようにコメント。

この試合については、もう何年間も話し合っている。プロモーションも既にされている。

デラホーヤはもし試合をしないと決めた時に批難されないためにこういう風に言ってるんじゃないのかな。彼は駆け引きをしている。

彼はこの試合を人々が見たいと思っているし、ボクシングにおける最高の試合になることを知っている。
もしかしたらトム・ロフラー(ゴロフキンのプロモーター)と彼の会社が、最終判断をさせないようにしているのかもしれないね。

デラホーヤがアルバレスとゴロフキンの試合に前向きな発言をしないことについて、「大人の事情」があることを伺わせています。

「ゴロフキンはサンダースに勝てるだろう」

続いて「もしゴロフキンがサンダースと対戦したら?」という質問に対しては、次のようにコメント。

私はゴロフキンが勝利すると思う。サンダースはゴロフキンほど強いとは思わないし、ゴロフキンが終盤にフィニッシュするだろう。

ただ、これは難しい試合になるはずだ。
サンダースは強敵で、とても俊敏でディフェンスに優れている。だから勝つのは容易ではない。

「 メイウェザーvsマクレガーは競技にとって望ましくない」

さらに世間を騒がせているあの一戦について。

「フロイド・メイウェザーがMMAファイターと戦うことについて既に多くの議論がされているが、これはボクシングにとって悪いことなのでしょうか?」との質問には次のようにコメント。

これが実現すればボクシングにとって望ましくないことだ。

フロイド・メイウェザーはアマチュアファイターと対戦しようとしている。マクレガーはボクシングの試合ではアマチュアだ。

ロンダ・ラウジーがボクシングで39戦のキャリアを持つホーリー・ホルムと対戦した時と同じようになるだろう。
競技の違いがあるんだ。もしマクレガーとフロイドがMMAで試合をすればまた違った結果になる。

もしこのボクシングマッチが行われるのならば、ファンにとっては侮辱的なことだ。

さらに「スポーツやボクシングに傷をつけることになる」と言及するなど、この試合にはかなり否定的な見解を示しています。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事