2017年08月05日作成

ポール・マリナッジが「マクレガーに倒されたように見える写真」を公開されたことに激昂し、チームを離れたことをSNSで明かす

元ボクシング世界王者のポール・マリナッジはマクレガーのメイウェザー戦に向けた準備に協力すべく、スパーリングパートナーとなっていましたが、マクレガー側がSNSで公開した画像に激昂し、チームを離れたことを明かしています。

SNSで投稿されたある画像にマリナッジが激昂

ボクシングで世界2階級制覇を達成したポール・マリナッジですが、メイウェザー戦を控えるマクレガーに協力すべく、先月からマクレガーのスパーリングパートナーとなっていました。

もともとマリナッジはマクレガーに対戦要求するなど険悪な関係でしたが、メイウェザー戦を前にマクレガー側からスパーリングパートナーとしての要請があったことで、マリナッジがこれを快諾して「チーム・マクレガー」に入っていました。

このままメイウェザー戦までマリナッジが帯同するものと思われていた矢先に、SNSで投稿されたある画像がマリナッジを激高させることになります。その問題の画像はこちら↓

この画像だけを見ると、マクレガーがスパーリング中にマリナッジをKOしたかのように見えますが、マリナッジいわくマクレガーが押し倒しただけに過ぎず、マクレガーに都合の良い部分だけが切り取られているとのことで、マリナッジを激高させることになってしまいました。

事の詳細はこちらの海外の報道に詳しく書かれているので、もう少し詳しく紹介します。

マクレガーが意図的に画像をリークした?

マクレガーとマリナッジは2週間ほど前に一度スパーリングをしたことがあり、このような画像が投稿されています。

マリナッジを相手にしても両手を後ろにかけて余裕を見せているというシーンですが、こちらの画像は特に問題になりませんでした。

そこから2週間後の今週火曜日に2度目のスパーリングとして、UFCパフォーマンスセンターで12Rのスパーリングが行われたのですが、その内容もマリナッジの逆鱗に触れたそうです。

というのも月曜日にマリナッジの自宅があるニューヨークからラスベガスに呼び寄せられ、そのまま翌日に12RのスパーリングをUFC代表のデイナ・ホワイトや前代表のロレンゾ・フェティータらがいる前でさせられたそうですが、スパーリングは本来プライベートでやるもので、UFCの関係者が多くいる前で行うことを快く思っていなかったそうです。

ちなみに「ニューヨーク〜ラスベガス」というと、同じアメリカなので距離はピンと来ないかもしれませんが、距離は4000キロ以上も離れていて、車で移動すると37時間もかかる長旅になっています。

(Googleマップのスクリーンショットより)

急遽ラスベガスに呼び寄せたのも、マクレガーがマリナッジを圧倒するところを見せるための演出とマリナッジは考えていたそうですが、マリナッジいわくスパーリングはマリナッジ優勢で進んでおり、押されて倒れた場面だけを切り取られてSNSに投稿されたことに激昂したという流れになっています。

またマクレガー専属のカメラマンが入ることを許されていたので、マリナッジが倒されていたように見える画像はマクレガーが意図的にリークしたものと考えているそうです。

SNSでチームの離脱を発表

そして昨日にマリナッジがマクレガーのチームから離脱したことを発表しています。

誤解のないように言うと、私は本日マクレガーのトレーニングキャンプから離脱しました。このような大きなイベントに加われるということから、私は誠心誠意サポートするために来ました。

私とコナーはリング上ではお互いリスペクトしながら、2度のスパーリングを通じて良い練習ができていたと思います。しかしリング外で私が望まないいくつかの出来事によって、この決断を下すことにしました。

本意でないことを指示される場所にいることは望みませんし、そうするかどうかは私が決めることです。2度のスパーリングで見てきた戦略を暴露するつもりはありません。これを言っても意味があるか分かりませんが、このことについては約束します。

チーム・マクレガーが残りの期間で良い準備をすることを願っていますし、ラスベガスで行われるShowtimeのファイトウィークに戻ってくることを楽しみにしています。

このようにマリナッジは残念ながらマクレガーのチームから離脱したことを発表していますが、マリナッジは1度目より2度目のスパーリングの方が良くなっており、マクレガーは良い準備ができているとも話しています。

強力なスパーリングパートナーを失ったマクレガーは、あと3週間に迫った世紀の一戦でサプライズを起こすことはできるのでしょうか!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

コメント 0件