2017年08月09日作成

ボクシング世界王者のロマチェンコがマクレガーのスパーリングに名乗り出る。マリナッジの後釜になるか?

メイウェザーとの試合を控えるマクレガーは、強力なスパーリングパートナーであるマリナッジを失っていました。そんな折にボクシングで圧倒的な強さを誇るロマチェンコがSNSでパートナーに名乗り出ています。

Eye catch 1509446180

By Українські_боксери_олімпійці_-Шелестюк,_Усик,_Берінчик(позаду),_Ломаченко,_Гвоздик.JPG: KuRaGderivative work: Ahonc [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ロマチェンコがスパーリングパートナーに名乗り出る

現代における最高のボクサーとして名高いワシル・ロマチェンコ。

アマチュア通算成績は396勝1敗と、まるで漫画の登場人物かのような圧倒的な成績でオリンピックで2連覇を達成。さらにプロ転向後はわずか3戦で世界タイトルを獲得し、7戦目で2階級制覇を達成するなど、戦績を挙げるだけでもその強さが否応なしに伝わってきます。

そんなロマチェンコが、メイウェザー戦を控えるマクレガーに対して、スパーリングパートナーに名乗り出たということが世界的に話題となっています。

マクレガーへ。ボクシングの実力を試すのに新しいスパーリングパートナーが必要ですか?連絡を下さい📞.

ロマチェンコのTwitterフォロワー数は6万人と、その実力の割にはあまり多くないのですが、こちらのツイートは瞬く間に世界に拡散されて間もなく1万RTを突破しようという勢いです。

基本的にこの内容を伝えるだけでこの記事の趣旨は終わってしまうのですが、これだけで終わってしまうのも寂しいので、もう少し背景情報をお知らせしましょう。

元世界王者のマリナッジが激昂してパートナーから離脱

もともとマクレガーには元ボクシング2階級制覇を成し遂げたポール・マリナッジがスパーリングパートナーとしてチームに加わっていました。

メイウェザーのようなスピーディーかつテクニックを持つパートナーとして格好の人物だったのですが、マクレガーと2度目のスパーリングをした時に、押し倒された場面をあたかもダウンしたかのように切り取った画像をSNSに投稿したことに激昂して、スパーリングパートナーを降りています。

その後もマリナッジはファンの質問に答える形でマクレガーに悪態をついていますが、結果的にマクレガーは強力なスパーリングパートナーを失っていました。

そして今回ロマチェンコがマリナッジの代役を務めるかのように、マクレガーのスパーリングパートナーを名乗り出たことがSNSで猛烈な勢いで拡散されています。

試合まであと18日と迫っており、ロマチェンコはスーパーフェザー級と体格が小さかったり、オーソドックスのメイウェザーに対してサウスポーだったりと条件的に難しいことがあるかもしれませんが、仮に実現すれば強力なパートナーになるでしょう。

ちなみにこの記事を投稿した時点で、ロマチェンコの呟きから11時間しか経過しておらず、マクレガー側からの返答はわかっていません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

関連する記事

コメント 0件