Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

長島☆自演乙☆雄一郎とジョムトーンがトーナメントで対戦?絶対王者キシェンコが防衛戦に登場

2017/04/12 21:04

4月23日に中国で開催される「Kunlun Fight 60」の全対戦カードが発表されています。日本から長島☆自演乙☆雄一郎が70㎏級トーナメントに参戦。80㎏級王者のアルトゥール・キシェンコが防衛戦を行うほか、REBELSで活躍中のスアレックが出場します。

Kunlun Fight 60 大会情報

4月23日に中国で開催される「Kunlun Fight 60」の全対戦カードが発表されました。

開催地 中国
日時 4月23日(日)

70㎏級のワンデイトーナメントを開催

クンルンファイトはここ2年連続で、70㎏級のトップ選手を集めた64人参加級トーナメントを開催。2年前はGLORYライト級王者のシッティチャイ・シッソンピーノンが優勝。昨年はスーパーボン・バンチャメックが優勝しています。

今年のトーナメントも既に開始され、毎回の興行で4選手参加のワンデイトーナメントが2つ開催されています。

この4人トーナメントで勝ち上がった選手がトーナメントのベスト16となります。

自演乙が日本から参戦!

今回も2つの4人トーナメントが開催され、日本から長島☆自演乙☆雄一郎が参戦します。

長島はかつてはK-1 MAXの日本トーナメントで優勝するなど、華々しい成績を収めていましたが、近年は中国を主戦場に連敗が続いています。直近の試合は12月5日のKNOCK OUTで、T-98にKO負けを喫していおり、今回の試合が復帰戦です。

長島は一回戦で中国人のリー・ジャンジャンという選手と対戦。勝利すれば、ジョムトーン・チューワッタナvsアーテム・パシュポリンの勝者と対戦します。

ジョムトーンは昨年の70㎏級トーナメントの準優勝者です。2015年に内山高志の持つWBA世界スーパーフェザー級王座に挑戦し、2R1分15秒でTKO負けを喫したことで知られています。

アルトゥール・キシェンコが80㎏級世界タイトルの防衛戦

今回のクンルンでは80㎏級の世界タイトルッチが行われ、アルトゥール・キシェンコがマキシム・ヴォロフスキーを相手に防衛戦を行います。

アルトゥール・キシェンコ

「美しき死神」というニックネームでK-1 MAXで活躍。2008年のK-1 MAXで準優勝に輝くなど、日本で数多くの実績を積み重ねていました。

日本では70㎏で試合を行っていましたが、現在は階級をあげ80㎏付近で活動。日本では名前を聞かなくなってしまいましたが、現在13連勝と絶好調で3年間無敗。現在がキャリアのピークといっても良い様な成績をあげています。

マキシム・ヴォロフスキー

ヴォロフスキーは「地獄の風車」ラモン・デッカーの唯一の弟子として知られるエストニア人です。

キャリア序盤は70㎏級で活動し、ロビン・ファン・ロスマレンやジャバル・アスケロフに敗れましたが、階級を上げた近年は高い勝率を残すようになっています。

「超攻撃型ムエタイ」スアレックが登場

REBELSを主戦場に日本で活躍するスアレックがクンルンファイトに参戦します。

スアレックは日本在住のタイ人選手で、パンチを中心とした非常にアグレッシブなスタイルを持つ選手です。

雷電HIROAKIや前口太尊に勝利するなど、日本人トップ選手に勝利していて、6月からREBELSで開始されるREBELS MUAYTHAI スーパーライト級王座決定トーナメントに出場します。

今回はシュン・ジーシャンという中国人選手とワンマッチで対戦。この試合がトーナメント出場前の最後の試合となる可能性が高いです。

全対戦カードはこちら

Dzianis Zuev vs Arthit 70㎏トーナメント A
Landon Simmons vs Liu Lei 70kgトーナメント A
アーテム・パシュポリン vs ジョムトーン 70㎏トーナメント B
長島☆自演乙☆雄一郎 vs リー・ジャンジャン 70㎏トーナメント B
アルトゥール・キシェンコ vs マキシム・ヴォロフスキー 80kg
スアレック vs シュン・ジーシャン 63.5㎏
Ruslan Ataev vs Zhao Yan 70㎏
Artem Egorov vs Zhang Yang 77㎏
Vitali Dubina vs Guo Dechao 70kg
70㎏級トーナメント Aの勝者同士の決勝 70㎏
70㎏級トーナメント Bの勝者同士の決勝 70㎏
クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事