Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

ヒョードルがベラトール・ロシア大会が開催される可能性が高いことを示唆

2017/04/13 09:14

エメリヤーエンコ・ヒョードルがロシアメディアのインタビューに応じ、ベラトールロシア大会が開催される可能性が高いことを明らかにしました。

ヒョードルがロシアメディアのインタビューに応じる

総合格闘技のレジェンドで、現在はベラトールと契約中のエメリヤーエンコ・ヒョードル。

ヒョードルがロシアメディア「Russian Chicago Mag」のインタビューに応じ、ベラトールがロシア大会を開催する可能性が高いことを明らかにしています。

なおこの記事は英語サイトが報道したサイトと情報元としており、ロシア語→英語→日本語と2度訳しており、当初のニュアンスと異なる可能性がありますのでご留意下さい。

「ロシア大会が開催される可能性は高い」

私たちはベラトールがロシアでトーナメントを開催するために話し合っています。
ベラトールがロシアで開催される可能性は高いでしょう。

ヒョードルはこのようにベラトール・ロシア大会が開催される可能性が高いことを認めています。

ベラトール代表のスコット・コーカーは以前からロシアを重要な市場とみなしており、地元ロシアで英雄的な扱いを受けているヒョードルはロシア大会開催に欠かせない存在です。

なお明確な日付は分かっていないものの、2017年内を予定しているとのことです。

ベラトールは有力ロシア人選手を確保

またベラトールはヒョードルの他にも、アレキサンダー・シュレメンコ、アンドレイ・コレシュコフといったトップレベルのロシア人選手と契約しています。

シュレメンコは元ミドル級王者、コレシュコフは元ウェルター級王者で、ヒョードルと並んでロシア大会のキーパーソンと見られています。

UFCはロシア進出に難航

現在MMAの覇権を握っているUFCもロシア進出を計画しており、昨年にはロシアの高官と接触して経済効果について言及したとのことですが、2017年の開催計画には入っていません。

ベラトールが開催すればロシア市場に先行して参入することになります。

ヒョードルの次戦はベラトール180

さて今年中のロシア開催を示唆したヒョードルですが、次の試合は日本時間6月25日(日)に行われる「ベラトール180」です。

対戦相手はマット・ミトリオンで、前回ミトリオンは試合当日になって病気で急遽欠場するというトラブルがあったのは記憶に新しいところ。

この試合がベラトールデビュー戦となるヒョードルですが幸先良く勝利を収められるのでしょうか。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
ホジマール
2017/11/26 18:12

ヒョードルは何処まで現役を続けるつもりなんでしょうか?

ロシアMMAのアイコンとしてまだ数年やるんですかね。ライバルのノゲイラは既に引退しましたが。

関連する記事