Queel
×
サイト内を検索する
  • ボクシング
  • ニュース

マクレガーがもしメイウェザーを蹴れば90%の罰金に?メイウェザーがテレビ番組で明かす。

2017/08/20 09:58

MMAファイターのマクレガーが初めてプロボクシングに挑戦するメイウェザーとの一戦ですが、窮地に追い込まれても蹴りを出すことがないよう、90%という非常に重い罰金が課せられるとのことです。

マクレガーがボクシングで反則をすれば90%の罰金に?

8月27日に行なわれるメイウェザーvsマクレガーのボクシングマッチですが、既に知られているようにマクレガーにはプロボクシングの経験はなく、この試合がプロデビュー戦になります。

母国アイルランドではアマチュアボクシングの経験があるものの、MMAでは得意のパンチの他にも独特なサイドキックや、空手を思わせるような回転蹴りを得意としています。

となるとマクレガーが窮地に追い込まれた時に蹴りが反射的に出ないかどうかが心配されるところですが、メイウェザー陣営はそれを防ぐために、もしマクレガーが反則をすれば90%もの重い罰金が課せられることをメイウェザーがテレビ番組で明かしています。

「反則とは分かっていますが、もしマクレガーがあなたの顔面に蹴りを放ったら?」との質問に対してメイウェザーは「物凄い罰金が課せられることになる。彼が窮地に追い込まれても90%かそれ以上の金を失うようなことはしないだろう。実際どうなるかわからないが、とてつもなく重い罰金だ。」とコメント。

以前からマクレガーが反則をすれば重い罰金が課せられることになると報じられていましたが、もし顔面に蹴りを放てば90%かそれ以上の罰金が下るとのことです。(※その他にローキックだった場合など細かいシチュエーションについては分かっていません)

両者ともに100億円を超えるファイトマネーを手にすると言われていますが、これだけの罰金が設定されていればマクレガーもとっさに蹴りを放つようなこともないでしょう。

試合まであと7日

いよいよ運命の試合まであと7日と迫っており、UFC公式インスタグラムでも「あと1週間」としてカウントダウンの画像を投稿しています。

ONE. WEEK. #MayweatherMcGregor

A post shared by ufc (@ufc) on

またこの投稿には合言葉として「49-1」というコメントが多数寄せられており、これは49勝無敗のメイウェザーに1敗をつけるということを意味しています。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事