Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

K-1王者ウェイ・ルイが次なる中国メジャータイトルを賭け、ムエタイの超強豪と対戦。63kg絶対王者に向けて発進。

2017/09/01 15:46

(C)M-1 Sports Media

K-1ライト級王者ウェイ・ルイの次戦は、中国で主戦場としているメジャー団体「グローリー・オブ・ヒーローズ」の63kg世界王座をかけてトーナメントに参戦。武林風に並ぶメジャータイトルだけに、このタイトルを獲得すれば63kgで絶対的な地位を築くことになります。

ウェイ・ルイが新たなメジャータイトルに向けて発進

9月23日に中国で開催されるグローリー・オブ・ヒーローズ(GOH)に、K-1ライト級王者のウェイ・ルイの参戦が決定。

GOHはキックボクシングブームに湧く中国のメジャー団体の一つで、クンルンファイト、武林風と並ぶ人気を博しており、先日にはKrushと後楽園ホールで対抗戦を行い勝利を収めたことでも知られています。

中国でのキックボクシング人気が沸騰する前から存在していた武林風、国際色が強く世界規模のトーナメントを開催しているクンルンファイトに対し、GOHは数百人の選手が在籍する大東翔クラブの選手を抱えていることもあり、人材が最も豊富とも言われています。またリングが特徴的な六角形となるなど、近代的な装いとなっているのも特徴です。

そのGOHのエース格であるウェイ・ルイが今回新たに63kg級の世界王座をかけたトーナメントに参戦することになります。

63kg級で絶対的な地位を築けるか

ウェイ・ルイは同じくメジャー団体の一つである武林風で世界王座を獲得しており、後に旗揚げされたGOHへ移籍。そして今年K-1で新設されたライト級王者に輝いた後に、ゴンナパーとの激戦を制して防衛に成功しています。

このように武林風・K-1と2つの世界的なタイトルを獲得しており、今回新たなタイトルを狙って所属するGOHの世界王座に向けてトーナメントに参戦。

このトーナメントは4人制で行われており、今回は準決勝第1試合として行われ、別の日程で行われる決勝に勝利することでGOH王者となります。もしGOH王座も獲得することになれば、中国のメジャー団体2つとK-1を制したことになり、63kg級では文句のつけようがない絶対王者として君臨することになるでしょう。

11月にはスペインで試合を控える

今回の試合は9月に中国で行われますが、ウェイ・ルイは11月にスペインで開催される「ストライカーズ・リーグ」にも参戦が決定しています。

GOH代表として敵地に乗り込み、地元のクリストファー・オパゾスと対戦。試合のグレードとしては今回のトーナメントの方が高いものとなっていますが、トーナメント準決勝を幸先よく勝利し、11月の欧州遠征に弾みを付けたい所です。

ムエタイ年間MVPに輝いた超強豪と対戦

(出典:GOH公式Facebook)

今まさにキャリアのピークに達しつつあるウェイ・ルイですが、今回対戦する相手は一筋縄では行きません。

ムエタイでトップ中のトップクラスであり、2015年にムエタイ全体の年間MVPを獲得しているタノンチャイと1回戦でいきなり激突します。

(右の青いパンツがタノンチャイ)

タノンチャイといえば迫力のあるパンチを武器に、ガンガン前に出るサウスポーの強打者として知られています。2015年には「近代ムエタイの最高傑作」とも称され、現役ムエタイ選手で最強とも名前が上がるセンマニーにも勝利するなど、本場タイで活躍してきた超強豪選手です。

近年は中国でもコンスタントに試合を行っていて、昨年の10月に6万人収容の大会場で開催されたGOHの大会では、60kg級で中国のトップクラスとされるコン・ロンを相手にフルマークで判定勝利。

キックルールにもしっかりと適応した、最強クラスのムエタイ選手がウェイ・ルイの前に立ちはだかります。

ウェイ・ルイはK-1の初防衛戦では同じくキックルールに適応したムエタイ強豪のゴンナパーを退けていますが、タノンチャイはタイでの実績ではゴンナパーを遥かに上回っています。

体格差ではウェイ・ルイが有利か

超強豪との大一番を迎えるウェイ・ルイですが、63kg級という契約体重が大きなアドバンテージとなりそうです。

実はタノンチャイはタイで57kg前後で試合をすることが多く、中国で昨年おこなったコン・ロン戦も60kgという契約体重で試合を行っています。

フィジカルのあるウェイ・ルイは、63kg契約という契約体重を活かして、タノンチャイをパワーで押し続けて勝利するというプランも考えられそうです。

しかし、タイ人選手が海外で試合をする際は適正階級の1つ、2つ上で試合を行うことは一般的であり、それでもムエタイの高いテクニックを活かして、体格で上回る相手をコントロールして勝利する場面がよく見られます。

果たしてウェイ・ルイは難敵のタノンチャイを退け、63kg級世界最強という評価を不動のものとすることが出来るのでしょうか?

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事