Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

【REBELS特集】“日本の至宝”梅野源治が復活へ。脅威の爆発力を持つスアレックと対戦

2017/09/02 18:42

9月6日(水)後楽園ホールで開催される「REBELS.52」で、梅野源治vsスアレック・ルークカムイが行われる。昨年5月にラジャダムナンスタジアムのベルトを失った梅野源治が、再びムエタイのメジャータイトル奪取を誓い、再起戦に登場する。

梅野源治が復活を誓い再起戦に登場

9月6日(水)に後楽園ホールで開催されるREBELS.52。小笠原瑛作がISKA世界バンタム級王座決定戦を行うイベントのセミファイナルで、“日本の至宝”とも称された梅野源治が、ラジャダムナンのタイトルを失って以来となる再起戦を行う。

梅野は「世界NO.1」になるという目標を掲げ、タイのトップ選手であるウッティデートから勝利するなど、ムエタイのトップ戦線を相手に鎬を削り、常に日本キックボクシングの先頭を走り続けてきた。

そして、昨年の10月にREBELSで行われたラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチで勝利し、目標と公言し続けたムエタイのメジャータイトルを腰に巻いた。

しかし、今年5月にタイ・ラジャダムナンスタジアムで行ったタイトルの防衛戦で、187cmという長身ファイターのサックモンコンと対戦し、1Rにダウンを奪われると首相撲でコントロールされ王座陥落。

これまで日本を代表するムエタイ選手として活躍し、これまで常に強敵を求めて厳しい戦いを繰り広げてきた梅野が、再びムエタイのメジャータイトルを獲得することを誓い、再起戦に登場する。

王座戴冠以降は苦境が続いた

梅野源治は昨年の10月に悲願だったラジャダムナンスタジアムの王座を獲得し、キャリアとしては一つの集大成を迎えたものの、この1年間は順風満帆とはいかなかった。

昨年の12月に「本物が集まるリング」というテーマで旗揚げされたKNOCK OUTの第1回大会に、梅野はメインイベンターとして登場。ヒジありを盛り上げた梅野は新団体が期待するエースとして期待された。

しかし、梅野の試合は対戦相手をテクニックの高さで圧倒し、世界の強豪選手を相手に勝利するも判定決着が続き、KO決着を重要視したプロモーションを行う団体とは合わず、団体を盛り上げようと、嫌われ役を買って出た発言は身内からも批判を浴びた。

そしてKNOCK OUT3戦目となった4月大会ではタイのトップ中のトップ選手であるロートレックと対戦。“世界最高峰の対決”と戦前に煽られた通り、凄まじい攻防が展開された死闘を行い、敗れはしたがムエタイ関係者からは高く評価された。しかし、普段からムエタイを見慣れていないファンからは、KOや激しい打ち合いではなかったため高い評価は得られなかった。

さらに梅野はこの試合で上腕二頭筋を断裂。5月に行ったラジャダムナンのタイトル防衛戦では大きなハンディを背負っての戦いとなり、結果的にタイトルを失ってしまった。

タイトルマッチでの敗戦のショックは大きく、梅野もドン底に突き落とされたと言う。

対戦相手はK-1参戦も見据える爆発力が武器のスアレック

今回、梅野が対戦するのは、“超攻撃型ムエタイ”と称される在日タイ人選手のスアレック・ルークカムイ。

A post shared by REBELS (@def_fellow) on

ムエタイ選手ながら、前に出て強烈なパンチで圧力をかけ続けるスタイルを持ち、元REBELSライト級王者の雷電HIROAKIや、元J-NET王者で梅野とは同門の前口太尊など、日本人のトップ選手相手に勝利を積み重ねている。

タイではMMAの試合にも出場するなど、ムエタイ以外のルールにも積極的に挑戦していて、梅野から勝利という実績を得られれば、参戦を希望するK-1にも大きく近づくことになるだろう。

現在はREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級トーナメントにも出場しており、今回は梅野という大物食いを狙い、11月の決勝を控えての異例の参戦となった。

梅野がこれまで戦ってきたタイ人選手と比べると実績では劣るものの、日本での勝ち方を身につけていて、高いモチベーションを持っていることから、「タイのランカー選手より厄介な相手になる可能性もある」と梅野は警戒する。

両者にとって負ければ失うものが大きいリスキーな一戦

梅野が目標とするのは、ラジャダムナンでタイトルを経験した現在も、変わらずムエタイのトップ戦線のみ。ムエタイの2大殿堂とされるラジャダムナンスタジアムとルンピニースタジアムでのタイトル獲得を狙う。

常にレベルの高い対戦相手を求め続け、あえて厳しい道を歩む梅野源治が、REBELSの誇る外国人エースとも言える存在となったスアレックと対戦。

梅野はこの試合で敗れれば3連敗となることに加え、REBELSで築いたエースという座も危うくなるように、梅野にとっては一線から退くとみなされるやもしれない。

そしてK-1参戦を狙うスアレックにとっても、梅野に敗れればその道は遠のくこととなり、REBELSスーパーライト級王座決定戦の価値を損なうことにもなりかねない。

ワンマッチではあるものの、両者ともに負ければ失うものが大きく、メインイベントを喰うようなスリリングな試合展開になるだろう。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

関連する選手

関連する記事