Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

KNOCK OUT Vol.5の追加対戦カードが発表。「水落洋祐vs鈴木博昭」「大月晴明vs中尾満」

2017/09/08 14:21

10月4日に後楽園ホールで開催されるKNOCK OUT Vol.5の追加対戦カードが発表されました。打ち合い必至の名勝負が約束された「水落洋祐vs鈴木博昭」に加えて、2017年初試合に望む大月晴明の対戦相手も決定しています。

KNOCK OUT Vol.5の追加対戦カードが発表

本日KNOCK OUTが12月に大会場である両国国技館での開催を発表しましたが、同時に10月に後楽園ホールで開催されるKNOCK OUT Vol.5の追加対戦カードも発表されています。今回発表されたのは以下の2カード。

  • 水落洋祐 vs 鈴木博昭
  • 大月晴明 vs 中尾満

好戦的で多くのKOを生み出してきた水落と鈴木による好勝負必至の対戦に加えて、既に参戦が発表されていた"爆腕"大月晴明の対戦相手がKNOCK OUT影の常連である中尾に決定しています。

KO決着間違いなし!水落vs鈴木

名勝負必至の好カードが後楽園大会で実現。両者ともに好戦的なファイトスタイルで日本人屈指の攻撃力を誇るだけに、KO決着間違いなしとも言える一戦です。

水落洋祐はどんな相手でも真っ向から打ち合い、勝っても負けても名勝負を残してきた「名勝負製造機」として知られています。

前戦のREBELSでは中村広輝との死闘を制して王座の防衛に成功。KNOCK OUTでは2月のVol.2に初参戦し、不可思の肘打ちの前にTKO負けを喫するも、1Rにはダウン寸前に追い込むなど善戦しています。

また以前は暴走族に所属するなどヤンチャな過去があるものの、2009年には火事場に飛び込んで民家から逃げ遅れた人を救出するなど正義感の強い人物でもあります。

対する鈴木博昭はシュートボクシングのエースとして長年一戦で戦い続け、日本人離れしたパワーから「SBの怪物くん」として親しまれています。

小見川道大やリオン武をはじめとするトップレベルのMMAファイターから連戦連勝を飾り、また対日本人では16連勝を飾るなど、シュートボクシングを代表する選手として活躍。

かねてからKNOCK OUTへの参戦希望を公言しており、ここ2戦連続でSBでは肘打ちありの特別ルールをこなしています。1戦目は勝利したものの、直近の6月の試合では「新旧エース対決」とされた海人との対戦では1Rに肘打ちでTKO負けを喫しており、それ以来の再起戦に。

これまでシュートボクシングをホームリングとしてきましたが、KNOCK OUTではどのような怪物ぶりを見せてくれるのでしょうか。

"爆腕"大月晴明が"影の常連"中尾満と対戦

"爆腕"大月晴明が2017年初のリングへ!

165cmと上背こそないものの、合気道の足さばきを取り入れた独特な間合いを持ち、トリッキーかつライト級離れした破壊力を持つパンチを武器に、2000年台前半のキック界を象徴するキックボクサーとして知られています。

既に年齢は43才を迎え、試合間隔は長くなっていますが、昨年42才で臨んだKNOCK OUT旗揚げ大会では、強豪タイ人のスターボーイから1RKO勝利を収めています。ちなみにこの試合は旗揚げ戦の第1試合として、KNOCK OUTの幕開けを飾るKO劇であり、その後のKNOCK OUTは異常なほどのKO率を牽引することになりました。

対する中尾はこれまでKNOCK OUTの下部大会にあたる「ROAD TO KNOCK OUT」に2度参戦。前戦は元UFCファイターの金原正徳と対戦し、5RTKO負けを喫しています。

初戦もドローに終わっており、1敗1分と戦績は振るわないものの「激闘お祭り男」と称されるように、名勝負を演じる戦いぶりが評価されての本戦抜擢に。

43才のレジェンド、大月が健在をアピールする勝利を飾るのか、それとも中尾が激闘の末に金星をモノにするのか。

山口裕人の参戦も決定

今回の追加対戦カード発表によって6カードが決定していますが、さらに「クレイジーピエロ」こと山口裕人の参戦も決定。対戦相手については後日発表されるとのことです。

過去大会はアンダーカードなしの7試合構成となっているため、山口の対戦カードで全試合で出揃うことになると思われます。

メインイベントにはライト級王座決定トーナメント準決勝「森井洋介 vs 町田光」が行われるほか、注目のフライ級対決「能登龍也 vs タネヨシホ」などがラインアップされています。全対戦カード情報はこちらまで?

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事