Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

デメトリアス・ジョンソンvsレイ・ボーグは10月のUFC216にスライドか。ジョンソンはUFC215の給与が支払われるか気が気でない様子。

2017/09/12 10:06

UFC215のフライ級タイトルマッチはレイ・ボーグの緊急欠場によりキャンセルされ、10月8日のUFC216にスライドすることが予定されています。またジョンソンはUFC215の給与が支払われるかが気になっているようです。

デメトリアス・ジョンソンvsレイ・ボーグはUFC216にスライドか

日本時間9月10日に行われたUFC215では当初、フライ級王者のデメトリアス・ジョンソンがUFC連続防衛の新記録をかけてレイ・ボーグと対戦する予定でした。

しかしレイ・ボーグが試合2日前にウイルス性の感染症にかかったことでUFCのドクターからストップがかかり、試合が急遽キャンセルされています。

そしてこの一戦は、来月10月8日にラスベガスで行なわれるUFC216にスライドすることが予定されているとジョンソンの口から語られています。

UFC216は「トニー・ファーガソンvsケビン・リー」によるライト級暫定王座決定戦がメインイベントに予定されていますが、仮にジョンソンvsボーグが実現すればこちらがメインとなることが予想されます。

ジョンソンはUFC215の給与が支払われるかが気になる様子

レイ・ボーグの欠場で連続防衛の新記録がお預けとなってしまったジョンソンですが、海外メディアで「UFC215の給与が支払われるか分かっていない」とコメントしています。

通常のケースでは、短い間に試合が組み直しとなった場合はファイターに給与が支払われない。

UFCは来月のUFC216で仕切り直しとしたいようだ。もしそうなら私が最も気にしているのは、(UFC215の分の)給与が支払われるかということだ。

ジョンソンは先週の木曜日にレイ・ボーグが試合ができないことを聞いた時に、給与が支払われるかが一番の懸念事項だったようです。

誤解しないでほしいのだが…彼らが「減量を止めよう」と行ってきた時に、私が真っ先に口にしたのは「一体給与はどうなるんだ?減量を終えて、計量をクリアーしたら給与は支払われるのか?」ということだ。なぜなら私はこの試合に向けて8週間もトレーニングしてきたからだ。

まだ給与は貰っていなくて、どうなるのかは調査しているところだ。

UFCは私に10月7日の試合に向けて減量を始めろと言っている。それなら試合をしてキャッシュを回収するまでだ。

SNSでは妻のコメントを引用

ジョンソンは今回の件についてSNSではまだコメントしておらず、妻のコメントを次のように引用しています。

私の妻はこのように言っている??



「色々なことが起きたけれど、私たちにできることは前に進むことだけです。また数週間のトレーニングキャンプを行って、再び試合ができることを臨んでいます」

少しジョンソンの目つきが怪しく感じるところもありますが、気持ちを切り替えて10月の試合に向けてトレーニングを再開するとのことです。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事