Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

五味隆典がドンヒョン戦を控えてコメント「最後なのでとにかく無茶をして爆発するような試合をしたい」【UFC合同取材より】

2017/09/20 21:38

9月20日(水)に都内で行われたUFC日本大会の合同取材にて、出場する日本人全選手が登場。今回はこれがUFCへの最後の出場になるとも報道される五味隆典のコメントを掲載します。

ドンヒョン戦を控える五味隆典がコメント

本日、都内にて行われたUFC日本大会の直前合同取材に行ってきました。今回の会見は都内の高級ホテルのワンフロアを貸し切り、参加選手にそれぞれ同時に囲み取材を行うという取材形式で開催されています。

今回はキム・ドンヒョン戦を控える五味隆典のコメントを掲載します。

五味隆典について

五味隆典はかつて一世を風靡したPRIDEのリングで軽量級のエースとして活躍。スタンドでのキレのある打撃とグラウンドでの強烈なパウンドで数多くの衝撃KOを生み出し、MMAファンから絶大な人気を得ていました。

UFCには2010年に参戦を果たしタイソン・グリフィン戦や光岡映二戦で豪快なKOを飾るも、現在は4連敗中と結果が出ていません。

連敗脱出をかけ行われるキム・ドンヒョンとの試合は、五味とUFCの契約が切れる最後の試合とされており、この試合の後にはどのリングに上がるかなど去就が注目されています。

そんな節目とも言える試合を控える中、試合についての意気込みや今後についてが語られています。

ー 日本人のファンの前で戦うことに対しての意気込みは?

五味「やっぱり見てもらいたいという思いはありますね。日本でやってよっていう人も多いしね。どうしても海外まではいけないってのはあるので。

一緒に出る若い子たちは海外でもっと試合をしたいだろうけど、自分はこの最後になるタイミングで日本に戻ってこれて良かったという思いはありますね。」

ー 海外で多くの試合を経験されてますが、日本のリングでも戦いたいという思いはあったんでしょうか?

五味「そういうきっかけになったのは去年の大晦日に魔娑斗選手と戦ったことですかね。あの試合をしてまた日本で格闘技をやっても面白いかなって感じました。」

ー ホームリングの日本ではどんな試合を見せたいですか?

五味「自分らしい試合をね。日本のファンのみんなが一番望んでいるとこだし、今回は思いっきりめちゃくちゃやろうと思っています。とにかく俺は無茶するから、爆発するような試合を見せたいよね。」

ー 日本大会ということもあって、多くの日本人ファイターが共に出場しますが。

五味「面白い選手が多いよね。破天荒な選手が多くて、自分も安心して彼らに道を譲れますよ。」

ー 今回はそういう後輩たちの道標になるようなファイトを?

五味「そうですね。楽しみです。良い大会を作りたいですね。

ー 対戦相手となるキム・ドンヒョン選手の感想をお願いします。

五味「アグレッシブでね。気合いが入ってると思うよ。」

ー ファイトボーナスは狙っていく?

五味「そうだね。ジムに結構お金がかかっちゃったからね。」

ー 試合の結果をずばり。

五味「負けると思って試合するやつはいないでしょう。」

ー この試合に勝利した後はどのような未来を考えていますか?

五味「今はこの試合に集中してますよ。一個一個いい試合をしていかないと先を見てもしょうがないので。

UFCは格闘技を始めたときに一番憧れた団体だったんで、一番成績は悪かったけど一番多く試合をしたのがUFCじゃないですかね。最後になんとか結果を出したいですね。」

ー この試合がUFCとの契約は終了となり、これが最後の試合になるという報道もありますが、この試合の先はどこに向かうのでしょう?

五味「試合についてはね、自分にもけじめをつけてやらないとお客さんにも失礼だし、何度もお客さんの期待を裏切るのはやっぱり嫌なので。UFCではこれが最後の試合になるかもしれないけど、自分が面白いと思う試合だったら日本でも海外でも今後もやっていこうと思いますけどね。

でもこれからはただ試合をしていくことは辞めようってのは決めていますけどね。自分の納得できるトレーニングが出来た時に自分のタイミングで試合に出場していければと思っています。」

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

関連する記事