Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

2017年キックボクシング界最大のお祭りマッチ「リコ・ヴァーホーベンvsビッグフット」は本日対戦!

2017/10/14 10:40

Eric Jackman, GLORY Public Relations

10月14日にGLORYが初めて中国に上陸し、リコ・ヴァーホーベンとアントニオ・シウバによる重量級の異種格闘技戦が行われます。競技としてのヒエラルキーよりもインパクト重視のド迫力バトルの行方は!?

GLORY初の中国大会で「最強vs怪物」の一戦

10月14日に欧州最大のキックボクシング団体であるGLORYがいよいよ中国に初上陸します。

GLORYは欧州の有力なキックボクサーを多く抱える一方で、これまで日本、アメリカと本格的な海外展開を決行。しかしながら日本市場からは2013年を最後に撤退しており、キックボクシング文化のない北米でも視聴者数が伸び悩むなど行き詰まっている印象を受けます。

そんな中、空前のキックボクシングブームに湧く中国に新たに参入。既に中国では武林風、クンルンファイト、Glory of Heoresとメジャー団体がそびえ立っていますが、GLORYが新たにその中に割って入れるかが期待されます。

GLORYのトップスターであるリコ・ヴァーホーベン

中国では国際色が豊かなクンルンファイトを除くと、60~65kg前後と自国の選手層が厚い階級が盛り上がっており、ヘビー級は選手層が薄いこともあってか旧K-1のような重量級の盛り上がりとはなっていません。

一方でGLORYはナチュラルに体格の大きな欧州の選手を多く抱えていることもあり、決して選手層が厚いとは言えないまでも、有力選手を抱えていることは既存団体と比べると強みになっています。

かつてはK-1レジェンドをそのまま引き継ぐ形で台頭したGLORYですが、世代交代によって現在のトップスターはリコ・ヴァーホーベンとなっています。

日本での試合ではあまり大きなインパクトを残せていなかったリコですが、2013年頃から台頭しはじめ、グーカン・サキやダニエル・ギタをはじめとするトップ選手を軒並み撃破し、現在のヘビー級戦線では頭一つ、二つ抜きん出た存在に成長。

またオランダ国内での人気も高く、ヘビー級の強さの象徴でもあるリコは団体にとっても絶対に欠かせない存在となっており、「ビッグマッチ=リコの試合」といっても過言ではない状況です。

アントニオ・シウバとの競技の垣根を越えたお祭りマッチ

そして今回リコと対するのは、北米で目撃された未確認生命体「ビッグフット」の異名を持つアントニオ・シウバです。

アントニオ・シウバは193cm、130kgとスーパーヘビー級の中でも一際大きな体格を持っており、体格はまさにビッグフットそのもの。ちなみに未確認生命体の方であるビッグフットはこんな姿形をしているそうです。

アントニオ・シウバといえば日本のHERO'S、戦極での活躍後に北米のストライクフォースに参戦。

ストライクフォースで大々的に開催されたヘビー級トーナメントの1回戦で"皇帝"エメリヤーエンコ・ヒョードルからTKO勝利を収め、ヒョードル幻想に終止符を打った人物としても知られています。

UFCでもアリスター・オーフレイムをKOで破ってタイトル挑戦までこぎつけたものの、マーク・ハントとの試合後に薬物検査に失格したのを皮切りに、ここ8戦で1勝7敗と一気に負けが先行。昨年9月の試合を最後にUFCからもリリースされており、UFC後もロシアで2戦をこなしたものの、いずれも敗北するなど低迷を続けています。

さらに今回は38才にして初めてのキックボクシングマッチであるなど、世界最強として君臨するリコの相手としては余りにも酷なところではあります。

この試合は言わば中国初上陸を果たすGLORYにとって、大きなインパクトを残すための試合であり、さらに言えば団体の顔であるリコが大男であるシウバをKOするシーンが望まれているのかもしれません。

130kgのシウバに対して、リコも均整の取れた体ながら約120kgと両者合わせて250kgに。現代では珍しいスーパーヘビー級同士の一戦は、KO決着以外考えられないド迫力マッチとなりそうです。

視聴方法について

今回のGLORYはDAZNで22:00より生中継が行われます。しかしながらGLORYの興行は毎回2部構成で行われており、「リコvsシウバ」の試合が行われる前半のスーパーファイトシリーズはDAZNでは放送されません。

また本来GLORYはUFCファイトパスで中継されるのですが、これまではなぜか日本から視聴することができなかったので、おそらく今回も視聴不可になると思われます。

日本から視聴できる方法としては、中国の大手ストリーミングサイトが日本時間17:00より行う中継のみとなっているようです。ただしYYは中継予定が変更されることもあり確実に視聴できるかは不透明となっておりますのでご注意ください。

日本からは久保政哉が初参戦し4人トーナメントに出場

また今回の注目試合としては、"和製サムゴー"の異名を持つ久保政哉が日本人として4年ぶりにGLORYに参戦し、フェザー級トーナメントに出場します。

日本での4連敗を経て、中国で復活の1RKO勝利。この試合が評価されてGLORYトーナメントに参戦が決定し、ここで優勝することでGLORYとの本契約を勝ち取ることができます。

またこちらのトーナメントは「リコvsシウバ」とは異うプログラムに入っているので、日本からDAZNで視聴可能となっています。22時より生中継されますので、日本のファンはぜひ久保選手の応援のほどよろしくお願いします。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
おとももち
2017/11/26 18:12

今回のみなのか次回以降もなのかはわからないですが、UFC公式YOUTUBEで生放送見れてます。
日本からのアクセスをブロックする設定をし忘れているだけな気もしますが・・・。

関連する記事