Queel
×
サイト内を検索する
  • 格闘技
  • ニュース

トリプル世界戦に出場する6選手が計量をクリア。調印式に続き前日計量にもメディアとして取材してきました。

2017/10/21 19:39

10月22日に開催されるトリプル世界戦の前日計量が10月21日に都内にて行われました。出場する6選手が全員計量をクリア。あとは試合のゴングを待つだけとなっています。

世界戦に出場する6選手全員が計量に参加

10月22日(日)に両国国技館にていよいよトリプル世界戦が開催されます。今回の興行にはアッサン・エンダムvs村田諒太によるWBA世界ミドル級タイトルマッチに加え、比嘉大吾と拳四朗がそれぞれ世界タイトルの初防衛を行います。

これまではボクシングの興行を取材する機会がなかった当サイトですが、比嘉、拳四朗に加えて、村田諒太vsアッサン・エンダムによる因縁の対決が行われる世間的にも注目度の高いトリプル世界戦にメディアとして初めて参加することとなりました。

先日は調印式がどの様に行われているのかをレポートしましたが、今回は前日計量がどのように行われているのかを紹介します。

世界戦の前日計量をレポート

前日計量は調印式が行われたたのと同じ都内の豪華ホテルにて行われました。

もう3日連続で足を運んでいるので、少し余裕を見せながら会場に足を運びましたが入った瞬間に人の多さに驚かされます。

まさに人人人。写真ではわかり辛いかもしれませんが、50人以上のカメラマンと記者が会場に押し寄せていました。さすがボクシングの世界タイトルマッチ。いや村田諒太の注目度の高さを感じました。

最前列には中継を行うフジテレビや、ボクシング取材が盛んな日刊スポーツなどに指定席が用意されていましたが、その後ろではカメラマンが激しいポジション取りを繰り広げられています。

これはヤバイなと思いましたが、激しいポジション争いに参加しなんとかセンター付近のいいポジションを確保出来ました。

計量にはプロモーターなどが出席し椅子を並べていましたが、やはりど真ん中はボブ・アラム。さすがボクシング大国アメリカの大物プロモーターです。

村田とエンダムが共に計量をクリア

WBA世界ミドル級タイトルマッチ
挑戦者: 村田諒太 72.5kg
王者:アッサン・エンダム 71.9kg

予備検診で出場選手の体調に問題がなかったことが発表され、まずは村田諒太とアッサン・エンダムが登場。

両者がその場で服を脱ぎ、先に体重を量ったエンダムが600gアンダー、村田がリミットで計量をクリアします。

その後は両選手が並んでプレス用の写真が撮影された後、直ぐに両者が退場。

最後は笑顔で握手を交わすなど両者共に穏やかな表情でしたが、エンダムはその後にメディアの取材をキャンセルするなど昨日と比べるとピリピリしているという印象を受けました。

比嘉の超合金ボディーにどよめき

WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者:比嘉大吾 50.7kg
挑戦者:トマ・マソン 50.6kg

続いて初防衛戦を行う比嘉大吾が登場します。

彫刻のように引き締まった身体が話題となることが多い比嘉ですが、今回も筋肉のシルエットがくっきりと浮き出した仕上がりのいい身体で登場し、計量台に乗った時には記者からどよめきが起きていました。

減量がきつく計量前には歩けないほどとコメントしていた比嘉でしたが、今回は気合いの入った表情をしており、デビューから続く13連続KOという記録更新もかなり期待できそうです。

拳四朗はフェイスオフで何故か満面の笑み

 WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
王者: 拳四朗 48.7kg
挑戦者: ペドロ・ゲバラ

そして3人目には初防衛戦で過去最高の相手であるゲバラを迎え撃つ拳四朗が登場。

強敵を迎える拳四朗ですが、何故かフェイスオフの時から満面の笑みを見せており、比嘉とはまた違う理由で記者をどよめかせていました。

試練の一戦を前にしても全く気負いを感じさせることがなく、こちらも明日の試合に期待が持てそうです。

トリプル世界戦の計量の後

そして世界戦の計量の直後にはアンダーカードに出場する選手が登場し前日計量を行いますが、同じ会場でリカバリーを行う比嘉と拳四朗、そして村田の囲み取材が行われる場所の席取りへと移動。

同じフロアに50人を超える記者がいながら、選手の計量は3人ほどの記者が見ているだけで、他は選手に背を向けて世界タイトル戦の関係者を追い続けるという注目度の違いを感じさせる構図となっていました。

ちなみに当サイトは計量が続くことすら気づかずに、一番に村田の囲み取材に移動してベストポジションを確保していました。

村田諒太の囲み取材の全文+ノーカット動画はこちら

格闘技の取材でここまでの記者の数を見たことがなく、かなり面を食らった前日計量となりましたが、明日はバックステージがどのような雰囲気になるのかが楽しみです。

ちなみに会場には、なんとあのボクシング殿堂入りを果たしたジョー小泉氏も来場しており、記者に混ざりながら熱心にメモをとっていたことも印象的でした。

いよいよ開催されるトリプル世界戦は当サイトのTwitterで会場より最新情報を逐一更新していきますので、ぜひそちらもご確認ください。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします