2017年11月10日作成

実は面白いボクシングの公開計量!DANGAN 200の公開計量に参加してきました。

普段はメディア関係者のみを集めて行われることが多いボクシングですが、11月11日に後楽園ホールで開催される「DANGAN 200」が一般公開形式を行うということでその模様をレポートします。

Eye catch 1510299246

実は面白かったボクシングの公開計量

11月11日に後楽園ホールで開催される「DANGAN 200」の前日計量が一般に向けた公開形式で行われるということで、当サイトもメディアとして参加してきました。

今回はボクシングの計量がどうのように行われているのか、その雰囲気を含めてレポートします。

公開計量はMLBカフェで開催

公開計量は11月10日(金)にMLB café TOKYO 東京ドームシティ店にて12:00より行われました。

MLBカフェといえば総合格闘技では修斗の前日計量でもお馴染みです。

センターに計量台が用意され、その前方、両サイドには来場者用の椅子席が設けられています。後ろの壁には3つのモニターが設定されており、そこには選手の過去の試合が映し出されていました。かなり雰囲気は華やかです。

11:55ほどに到着すると、両サイドのテーブル席には計量を行う選手が緊張感を漂わせながら待機。少しピリピリした面持ちで緊張感が伝わってきます。

そして12:00になるとリングアナウンサーの司会に登場し計量がスタート。総合やキックボクシングだとメインから計量を行う場合と、第1試合から計量を行う場合の2パターンがありますが、ボクシングは第1試合から計量が開始されます。

外国人選手の撮影要求にまさかのタグ付けを要求

計量は両選手が対戦相手陣営のチェックの元に計量台に上り、リングアナウンサーにより体重がコールされた後にフェイスオフが行われます。

まず会場を湧かしたのは第3試合に登場する田村亮一。あの「はじめの一歩」の著者である森川ジョージが代表を務めるJBスポーツの所属選手です。

田村は計量をクリアした後にフィリピンのロベルト・ウドトハンと何やら談笑。両者にこやかに何やら言葉を交わしたと思えば、ウドハンが突然セコンドにスマホを持ってこさせたかと思うと、なんとSNS用に記念撮影をしたいと要求。

すると田村は英語で俺の名前をタグ付けしてくれと、恐らく計量のフェイスオフ中としては世界初の珍要求を行っています。

さらに田村はフェイスオフが終わるタイミングで、「きみ思ってたより大きいね。(腰の下に手を指しながら)これくらいだと思ってたよ。」と笑顔で挑発。

この挑発にウドトハンは気づいていなかったものの、ウドトハンのセコンドは爆笑していたのが印象的でした。

日本ボクシング界きってのイケメン・白鳥が乱闘寸前

そして第5試合で日本ユース・ライト級タイトルマッチを争う富岡樹と白鳥大珠のフェイスオフでもハプニングが。

まずは先に計量台に乗った富岡が、計量台の上から中指を立てて白鳥を挑発。これに白鳥は目線を外して無視します。

しかし両者共にピリピリとして雰囲気を醸し出しており、不穏な空気の中でフェイスオフを迎えます。

するとにらみ合いを行う両者が額をぶつけて押し合い乱闘寸前へ。最後は白鳥が富岡を腕で突き放したところで距離が離れますが、気合の入る両者が乱闘寸前となります。

日本ボクシング界きってのイケメンとも言われる白鳥のワイルドな姿に、これは女性ファンはたまらないだろうと心の中で感じていました。

メインに出場する両選手は「乱闘しろ」という陣営のやじを受けながらも笑顔で握手

そしてメインイベントでOPBFミニマム級タイトルマッチを行う小浦翼と谷口雅隆が登場。

直前に行われた富岡と白鳥の流れを受けて、谷口陣営からは「乱闘しろよ、乱闘」とやじを受けるも、両者は爽やかな笑顔で握手。

和やかな雰囲気でフェイスオフを終えています。

谷口陣営からの乱闘要求に対し、王者の小浦翼も思わず笑顔で返していたのが印象的でした。

30分ほどのコンパクトな内容で終了

そして最後は全選手が登壇しての記念撮影で終了。終了時間は12:30頃で、12:00の開始から30分ほどのコンパクトな時間で行われています。

今回はボクシングの公開計量に初めて参加しましたが、試合前の緊張感を体感できることに加え選手それぞれのキャラクターがよく現れた結果、イベントとしても面白い仕上がりとなっていました。

計量を終えた後に選手の生の声が聞ければよりイベントとしては楽しめるのではと感じたものの、ファンとしてまた足を運びたいという思える満足感がありました。

DANGANプロモーションでは今後も公開計量を実施していくということなので、興味のある方はぜひ一度足を運んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

コメント 0件