2017年11月11日作成

11月12日(日)23:00よりAbemaTVにて「格闘代理戦争」がいよいよ放送開始

格闘技の新たなスターを探す注目の新企画「格闘代理戦争」がAbemaTVにて、11月12日(日)23:00よりいよいよ放送が開始されます。第1回は「K-1のカリスマ」魔裟斗がニュースターの原石を探す為に行ったトライアウトの模様が放送されます。

Eye catch 1510371904

新たなニュースターを発掘!「格闘代理戦争」がいよいよ開戦

世界最大のMMA団体であるUFCとの契約を目指して、選手達が寮生活で寝食を共にしながらトーナメントを争うTUF。かつて不良たちがプロボクサーを目指し世界王者の元でトレーニングを行う姿を追ったガチンコファイトクラブ。

2つの番組は目指す舞台や選手のレベルなどに違いこそありましたが、格闘技のリアリティーショーとして高い人気を博しました。

スポットライトを浴びてリングで戦うという非日常的な舞台を目指す選手が、それぞれ抱く夢や悩みなどを掘り下げて紹介することで視聴者に多くの共感を呼び、活躍した選手は大きな注目を浴びてきました。

そんな格闘技のリアリティーショーですが、この度新たにAbemaTVにて11月12日(日)23:00より、「格闘代理戦争」という番組の放送が開始されます。

この番組は「強いヤツの才能は、強いヤツにしか見抜けない!」をコンセプトとし、格闘技のレジェンド達が次世代のスター選手の原石を発掘する「格闘ドキュメンタリー番組」と紹介されています。

トライアウトなどを経てレジェンド達により推薦された選手がK-1ルールのトーナメントで対戦。優勝者には300万円という賞金とK-1グループとのプロ契約が約束されるという、まさにこれから世に出ていくという選手にとっては破格の条件が用意された、一攫千金のサバイバルが行われます。

選手を選出するレジェンドにはK-1 MAXで活躍した魔裟斗や、HERO'SやUFCで活躍した山本“KID”徳郁が登場。さらにPRIDEで活躍した小川直也や西島洋介山など、かつての格闘技界を代表するスター選手達の登場が予告されています。

これまで「亀田に勝ったら1000万円」や、その番組で活躍したYoutuberのジョーブログのジョーのボクシング挑戦など、個性的な格闘技番組を成功させてきたAbemaTV。過去の実績があるだけに、今回の番組も格闘技に新たな風を吹き起こすこととなりそうです。

第1回は魔裟斗が行ったトライアウトの模様を放送

そして11月12日の23:00より放送される第1回の放送では、魔裟斗が行ったトライアウトの模様が放送されます。

トライアウトには番組の開始に向けてAbemaTVが参加選手の募集を行い、全国から成り上がりを狙う個性的な選手が数多く参加しています。

  • 自己破産をして波乱万丈を味わった男
  • 妹がムエタイ世界チャンピオンというエリート
  • 現王者の武尊を倒してスターになりたいと語るビッグマウス男

トライアウトの模様の一部はYoutubeにてダイジェストで公開されており、身体能力が高くオーラのある人材を発掘したいと言う魔裟斗が、体力測定を見守りある選手に注目するシーンが確認できます。

山本“KID”徳郁が絶賛するスソンが登場

さらに第1回の放送には、山本“KID”徳郁の秘蔵っ子とされる謎の人物であるスソンが登場。

番組の告知にてKIDが「身体能力がヤバい」、「自分が習いたいくらい」と語るなど、放送に向けて幻想が積み重なる男の全貌がいよいよ明らかになります。

また、かつてPRIDEで活躍した長南亮や西島洋介山なども登場し期待の原石を紹介するなど、第1回から優勝賞金とK-1との契約をかけて戦う選手の数名が明らかになりそうです。

格闘技コンテンツに力を入れるAbemaTVが新たに仕掛ける「格闘代理戦争」は、新たなスター選手が発掘される人気番組となりえるのか。

まずはいよいよ放送される第1回に注目しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

コメント 0件