2017年11月12日作成

ミルコ・クロコップの対戦相手が高阪剛に決定!両レジェンドによるノスタルジーな初対決に。

1年ぶりの復帰戦が決定していたミルコ・クロコップの対戦相手が高阪剛に決定。共に引退を乗り越えてのノスタルジーな顔合わせとなっています。

Eye catch 1510468229

ミルコの対戦相手は"世界のTK"高阪剛に

日本格闘技のレジェンドにして、昨年のRIZIN無差別級トーナメントで優勝したミルコ・クロコップ。

キャリアの集大成と位置づけたトーナメントで優勝したミルコは一度は引退を報じられるも、11月10日に放映されたFUJIYAMA FIGHT CLUB内にて、1年ぶりのRIZIN電撃復帰が発表されています。

対戦相手は未定となっていましたが、放映から2日が経過した12日に珍しい形で対戦相手が高阪剛に決定したことが発表されています。

こちらのツイートにあるように、RIZINの榊原実行委員長のSNSを通じて発表されていますが、その少し前にInstagramに投稿したRIZIN年末大会のCMにおいて、投稿時には未発表だったミルコの対戦カードが動画内に含まれていました。

これを見たファンにより「ミルコと高阪が対戦するのではないか」という話題が上がることになり、やや時間を置いて榊原実行委員長より正式に発表される運びとなっています。

高阪にとっても1年ぶりの復帰戦に

高阪剛といえば、総合格闘技の黎明時代より世界の一戦で戦い続け、とりわけ90年代後半からUFCヘビー級戦線で好成績を残していたことで、「世界のTK」としてその名を世界のMMAファンに知られるようになります。

また2000年にはリングスでエメリヤーエンコ・ヒョードルから出血によるTKO勝利を収めており、その後ヒョードルがPRIDEで猛威を振るった時には「ヒョードルを唯一下した選手」としても再評価を受けることになりました。

PRIDEには後期にあたる2005年に参戦し、ヒョードルと再戦。その後は2006年のマーク・ハント戦を最後に現役引退を発表しました。

引退後は自ら培った技術をもとにDREAMやUFCの解説者として活躍するなど、順調なセカンドキャリアを送っていましたが、2015年のRIZIN旗揚げ大会で9年ぶりに現役に復帰し、ジェームス・トンプソンを2RTKOで下しています。

復帰2戦目は元大関のバルトとRIZIN無差別級トーナメントの2回戦で対戦するも、体格差から有利なポジションを取れずに判定負け。ちなみに今回対戦するミルコは、バルトが高阪を破った2日後のトーナメント準決勝で対戦し、膝蹴りで1RKO勝利を収めていることから、高阪にとっては無謀な挑戦ではないかとのファンの声も見られます。

共に昨年末のRIZIN以来、1年ぶりの復帰戦となりますが、ミルコと高阪という長年MMAを牽引してきた両レジェンドによるノスタルジーな初顔合わせなだけに、緊張感のある試合となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

コメント 4件

  • 高坂も藤田も金無いのか?日本人選手の中では一時代を築いた選手だと思うんだけど…

    1. 名無しさん10日前
  • うーん。さすがに金ないということはないのでは。
    ファイターとして死に場所を求めているんでしょう。

    2. 名無しさん10日前
  • ミルコ出場は純粋に嬉しいよ
    でもさ、高阪ってあんた(笑)
    シウバで終わって欲しかったな〜
    もう再戦は無いってことだもんな〜

    3. 名無しさん10日前
  • ミルコ、大晦日出てもいいけど弱い相手にしてね。。。てことか
    お願いだからもうちょっとがんばってよ〜(笑)

    4. クイール最高9日前