2017年11月12日作成

K-1 12月大会の全対戦カードが決定。日菜太vs廣野祐、村越優汰の初参戦などが発表。

12月27日に開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~SURVIVAL WARS 2017~」の全対戦カードが一挙に発表されています。

Eye catch 1510478689

(C) M-1 Sports Media

K-1 12月大会の全対戦カードが決定

11月12日(日)に東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、12月27日(水)に開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~SURVIVAL WARS 2017~」の全対戦カードが発表されました。

同大会はK-1イベントとしては、2015年の「木村ミノルvs平本蓮」が行われた「K-1 WORLD GP 2015 ~SURVIVAL WARS~」以来の後楽園ホールでの開催というのも特徴となっています。

K-1グループが主催する今年最後のイベントとなる今大会は、メイン7カードとプレリミナリーファイト2試合の全7カードという構成となっています。

  • 前座第1試合 “バズーカ”巧樹 vs 竹内悠希
  • 前座第2試合 眞暢 vs FUMIYA
  • 第1試合 篠原悠人 vs 鈴木勇人
  • 第2試合 杉本仁 vs RUI
  • 第3試合 山崎陽一 vs 和島大海
  • 第4試合 芦澤竜誠 vs 村越優汰
  • 第5試合 軍司泰斗 vs 大岩翔大
  • 第6試合 西京春馬 vs 大滝裕太
  • 第7試合 日菜太 vs 廣野祐

メインはスーパーウェルター級の挑戦者決定戦に

今年のK-1を締めくくるメインイベントは、K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級次期挑戦者決定戦として行われる日菜太vs廣野祐に決定。

日本人対決となったこの試合の勝者は、来年3月に行われるK-1にてチンギス・アラゾフとのタイトルマッチに出場する権利が与えられます。

日菜太は今年の2月にREBELSからK-1に電撃参戦を果たすと、デビュー戦では松倉信太郎に勝利。6月のスーパーウェルター級の王座決定トーナメントではジョーダン・ピケオー敗れるも、Krush王者を相手に接戦を繰り広げています。

対する廣野はKrushのタイトルマッチでピケオー、6月のK-1でサニー・ダルベックを相手に連敗中。しかし"不倒王"という異名通りのタフネスさを持ち、パワーで優る外国人選手とも真っ向勝負を展開。対日本人選手では連勝を続けています。

両者は2014年にREBELSのタイトルマッチで対戦しており、その時は日菜太が判定勝利を上げています。ただ日菜太の代名詞である左ミドルをキャッチされ、左ストレートを浴びてピンチに陥るなど接戦となりました。

王座決定トーナメントで準優勝を飾った城戸康裕が階級を落としたことで、挑戦のチャンスが回ってきた形となった両者がどのような試合を見せてくれるのでしょうか。スーパーウェルター級の日本人最強決定戦ともいえる注目の一戦です。

Krush王者の西京は、"あいのりファイター"大滝と対戦

セミファイナルには、10月のKrushで小澤海斗を破りKrush -58kg級王座を獲得した西京春馬が登場。Krushで19戦を経験し、武尊ともタイトルマッチを争った大滝裕太と対戦します。

西京は2014年に最後の敗戦を喫して以来、武居由樹やエリアス・マムーディなどの若手の実力者対決に勝利。そして今年6月のK-1で小澤海斗から勝利を奪い、10月の再戦でも快勝してKrushのタイトルを獲得するなど、現在最も勢いに乗る若手の注目株です。

西京に注目が集まる一戦となりそうですが、大滝もキャラクターでは負けていません。

大滝はなんとNetflixで放送される、恋愛バラエティ番組「あいのり」に出演を果たしています。K-1、Krushでの活躍もさることながら、ラブワゴンで見せる恋の駆け引きでも話題を呼んでいます。

ここ最近の実績では西京が上回りますが、K-1とラブワゴンの二刀流戦うファイターとして存在感を放つ大滝の戦いぶりにも期待が高まります。

村越優汰がK-1初参戦

55kg級で国内屈指の実力者として活躍してきた村越優汰がK-1に電撃参戦。

村越は三日月蹴りを必殺技とし、これまで国内のトップクラスから勝利を重ねてきたことでも知られています。今回はK-1のトップスターである武尊が王者として君臨するフェザー級に、満を持しての殴り込みとなります。

K-1デビュー戦となる村越の相手は、他プロモーションの王者として昨年K-1系の大会に参戦を果たし、その後は3勝2敗1分という戦績を記録している芦澤竜誠と対戦が決定。

この試合の内容次第では、すぐにでも武尊への挑戦権も見えてくるであろう村越ですが、果たして初参戦となるK-1でいかなる試合を見せてくれるのでしょうか。

来年のK-1戦線を見据える上で、見逃せない一戦となっています。

来年3月を見据えた戦いが展開される

今大会は来年3月にさいたまスーパーアリーナのメインアリーナにて開催される、「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」への最終選考となる試合が複数行われます。

先に紹介した3試合のほかにも、K-1甲子園王者の軍司泰斗とKHAOSのトーナメントを制した大岩翔大の一戦や、70kg級の次世代エースと称される和島大海vsベテランの山崎陽一など、注目カードが目白押しの大会となっています。

果たして今大会ではどの選手が存在感を放ち、新生K-1史上最大のイベントとなる3月大会の出場を掴むのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

コメント 0件