2017年11月13日作成

ブアカーオ強すぎ!出家効果であのトゥトゥーをワンパン失神KO!

10月に行った短期出家の姿が「怖すぎる僧侶」として大きな話題となったブアカーオ。出家が終わったのはつい先日のことですが、早くもリングに復帰を果たし、大舞台で欧州の強豪選手と対戦しています。

Eye catch 1510558405

By Teerawat yioyim (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

出家が話題となったブアカーオがリングに復帰

10月26日にタイの前国王の火葬が行われるのに合わせて、9日間の短期出家を行い僧侶となったブアカーオ。

かつてはK-1 MAXのトップ選手として活躍し、リングを降りれば物腰の柔らかいベビーフェイスとして知られるブアカーオですが、上半身を大きく露出し、眉を剃り上げると非常に厳つい風貌となっていました。

A post shared by BUAKAW BANCHAMEK (@buakaw1) on

この風貌で寺の掃除をする写真などが公開されると、たちまち「ガチムチすぎる僧侶がタイに現れた」と海外のSNSを中心に大きな話題となります。

そして日本でもフジテレビの「とくダネ!」で放送された他、国内最大規模のまとめサイトである「痛いニュース」でも取り上げられるなど、格闘技の枠を超えた大きな話題となりました。

A post shared by BUAKAW BANCHAMEK (@buakaw1) on

このニュースが紹介された際には、長らく日本で話題にされることがなかったブアカーオがすでに引退していると勘違いを受け、「元選手」とも紹介されました。

しかしブアカーオは現在もコンスタントに試合に出場を果たしており、出家が終わった後には直ぐに次の試合に向けたトレーニングを行う姿をSNSに投稿しています。

そして短期出家が話題となってから3週間が経った11月12日、中国で開催された「クンルンファイト」という中国で最大規模のキックボクシングイベントにブアカーオが出場しました。

これが出家効果か!ブアカーオがワンパンKO勝利

まだ出家が終わってから間もなく、髪こそ少し伸びたものの眉も生えそろっていない徳の高い姿でブアカーオはリングに姿を見せます。

A post shared by BUAKAW BANCHAMEK (@buakaw1) on

肩周りの筋肉などは全盛期よりも膨張しているのではと思えるような肉体は、その顔がなくても迫力満点。

今回はメインイベントで、オランダの強豪選手であるマルロン・トゥトゥーと対戦しました。

このトゥトゥーという選手は日本でこそ知名度が低いものの、今年6月には欧州最大の団体であるGLORYでライト級王座に輝いたこともあるダビッド・キリアに勝利した実力者です。

流石のブアカーオであっても苦戦するのではないかと予想された試合でしたが、序盤からブアカーオが組みからバランスを崩し何度もトゥトゥーをリングに転がしていきます。

さらに長いリーチを活かして距離をとって戦うトゥトゥーに対し、ブアカーオはじりじりと圧力をかけトゥトゥーをロープ際まで追い詰めると、そこから左フックをヒット。完全に試合のペースを握ります。

2Rに入るとブアカーオの放った左フックでトゥトゥーがスリップ気味に倒れると、そこにブアカーオは追い打ちの顔面蹴り。本来なら反則と取られてもおかしくないところですが、レフェリーはトゥトゥーにダウンを宣告します。

そして最後はヒザを上げたフェイントから大振りの左フックをブアカーオが叩き込むと、この一撃でトゥトゥーは失神し前のめりにダウン。レフェリーが直ぐに試合をストップしブアカーオのKO勝利がコールされています。

○ブアカーオ・バンチャメーク(タイ)
2R KO
●マロアン・トゥトゥー(オランダ)

実力者として知られるトゥトゥーを一撃の元に粉砕して見せたブアカーオ。近年は少し動きが鈍り、KO勝利が少なくなっていたことから限界説も囁かれ始めていたブアカーオですが、それを一蹴するような鮮烈なKO勝利で大会のメインを飾っています。

その風貌もあってか、試合中はどこか人間を超越した神々しさも感じさせたブアカーオですが、今後はこの輝きがより強まっていくのでしょうか。

日本時間12月10日にパリで行われる次戦にも期待しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

コメント 1件

  • 強い人はずっと強いんだな

    1. 名無しさん9日前