Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

アブデラ・エズビリは野杁戦を優先へ。GLORYフェザー級暫定王座決定戦にはボイナザロフが出場。【GLORY 48】

2017/11/16 10:33

(C)GoodLoser

日本時間12月2日にニューヨークで開催されるGLORY 48にてアンヴァール・ボイナザロフvsケビン・ファン・ノーストランドによるフェザー級暫定王座戦が決定。挑戦権を獲得したエズビリは11月の野杁正明戦を優先しています。

アブデラ・エズビリが野杁戦を選択

日本時間11月2日にニューヨークにて開催されるGLORY 48にて、アンヴァール・ボイナザロフ vs ケビン・ファン・ノーストランドによるGLORYフェザー級王座決定戦が行われることが発表されています。

同王座は正規王座にロビン・ファン・ロスマレンが保持していたものの、GLORYとの契約が終了し、さらに怪我による離脱も重なって今後も参戦するかが不透明に。それに伴い暫定王座が設けられ、今大会にてその決定戦が行われる運びとなっています。

今回の決定戦には7月に開催されたフェザー級トーナメントで優勝したノーストランドが出場することが大会の開催決定と共に発表。その相手には10月に開催されたGLORY 47で行われたフェザー級トーナメントの優勝者が出場権を得るとされていました。

そしてトーナメント決勝はアブデラ・エズビリvsアンヴァール・ボイナザロフにより争われ、壮絶な打ち合いの末にエズビリが判定勝利を上げ優勝を果たしています。

これでエズビリはフェザー級暫定王座戦の出場権を手にしますが、GLORY 48が開催される1週間前にフランスにて野杁正明との対戦がすでに決定しており、試合間隔があまりに少ないことからどちらを選択するのかが注目されていました。

K-1 スーパーライト級王者である野杁の対戦カードに関わるということで、日本からも注目が集まったエズビリの動向ですが、今回のGLORYの発表によりその選択が明らかになっています。

「GLORYフェザー級トーナメントで優勝したエズビリは暫定王座決定戦に出場できないので、ボイナザロフが変わってノーストランドとタイトル戦を戦う。」

以上のような発表となっており、出場できない理由は明らかにされていないものの、エズビリが同大会に出場しないことが決定。

そして11月25日に対戦が既に発表されていた、欧州の「Nuit Des Champions」という団体の公式サイトには現在も「アブデラ・エズビリvs野杁正明」の対戦カードが明記されていることから、エズビリが野杁戦を優先したと予想されます。

野杁は昨年、欧州に遠征を行い、欧州最強との呼び声も高いエディ・ネイト・スリマニから勝利を収めて同団体の世界王座を獲得。今回はさらにK-1王者という肩書を加えて、現地で初防衛戦に臨むことになります。

対戦するエズビリは昨年、中国のメジャー団体であるクンルンファイトの65kg級トーナメントで準優勝。さらにGLORYのフェザー級トーナメントで優勝を飾るなど、急速に頭角を現している選手です。

K-1のスーパーライト級王者として君臨する野杁は、敵地で世界的な強豪であるエズビリを相手に王者としての実力を証明することができるのでしょうか。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事