Queel
×
サイト内を検索する
2017-11-23(木)
​RISE 121
Jp日本 - 東京 - TOKYO DOME CITY HALL

大会の詳細

かつてK-1 MAXの出場権をかけて開催されていたDoAトーナメントが57kg級に階級を変え10年ぶりに開催。

ワンマッチには日本の格闘技界を代表する存在となった那須川天心が登場する。

コメント (件)

対戦カード
キック(肘なし)・前座 第1試合
3R 判定
キック(肘なし)・前座 第2試合
3R 判定
キック(肘なし)・前座 第3試合
3R 判定
キック(肘なし)・前座 第4試合
3R 判定
キック(肘なし)・DoAトーナメントリザーブファイト
1R 1:39 TKO
キック(肘なし)・DoAトーナメント1回戦
2R 2:48 TKO
キック(肘なし)・DoAトーナメント1回戦
3R 判定
キック(肘なし)・DoAトーナメント1回戦
1R 1:27 KO
キック(肘なし)・DoAトーナメント1回戦
延長1R 判定
キック(肘なし)・メインカード 第6試合
3R 判定
キック(肘なし)・DoAトーナメント準決勝
3R 判定
キック(肘なし)・DoAトーナメント準決勝
3R 判定
キック(肘なし)・RISEスーパーフェザー級(-60kg)タイトルマッチ
5R 判定

スーパーフェザー級王者の野辺広大が韓国のイ・チョンヒョンを挑戦者に迎え防衛戦を行う。

野辺はRISEの新エールを宣言するも3月に行われたチョンヒョン戦で失神KO負けを喫した。その後7月に再起戦を行い琢磨を相手に延長判定勝利。今回はリベンジを誓う。

対するチョンヒョンは野辺に勝利した後、7月に裕樹と挑戦者決定戦を行いここでもTKO勝利。勢いそのままにタイトル奪取を狙う。

キック(肘なし)・RISEバンタム級タイトルマッチ
3R 1:15 TKO
キック(肘なし)・DoAトーナメント決勝
延長1R 0:56 TKO